自分への誕生日プレゼントにタイでバイクを購入した話〜購入手続きの全て〜

先々月タイのチェンマイで自分への誕生日プレゼントにバイクを購入したので、その時の経験を踏まえてタイで外国人がバイクを購入する際に必要になる書類、手続き等に関して説明します

買ったのはKAWASAKI KSR110、上の写真のやつです

青空に映えるでしょ?

それではいきましょうw

外国人がタイでバイクを購入するために必要な書類


私が回ったチェンマイのバイク屋全て(honda、kawasaki、yamahaのディーラー及び、Mae Jo Sunday marketと呼ばれる中古バイク市場)で下の2点のみが必要だと言われたので、基本的にタイで外国人がバイクを買う際には以下の2点を求められます

①パスポート


説明は不要ですね。

②居住証明


日本領事館発行の在留届出済証明
イミグレ発行のResidence Certificate

この2つが居住証明の役割を果たし、効力は同じだそうですが、チェンマイでバイクを購入する際はイミグレ発行のResidence Certificateを強くオススメします

理由は2つあります

一つ目は私が行った全てのバイク屋で見せられた必要書類のサンプルが全てイミグレ発行のResidence Certificateの形式だったので、言われた通りのモノを持っていく方が良いに決まっているのと、実際に日本領事館発行の在留届出済証明でバイクの購入ができなかった方の話を聞いたからです

ルール上(法律上)どうなっているのかは知りませんが、例えルール上在留届出済証明が車両購入に有効だとしても、そのことをバイク屋が把握していない可能性があり、その場合店員さんを説得する必要が出てきて非常に面倒というか時間の無駄です

どうしても日本領事館発行の在留届出済証明での手続きをしたい方は事前にバイク屋のスタッフ(できればボス級の人)に大丈夫かどうか確認を取ってから取得しに行ってください

二つ目は、単純にイミグレ発行のResidence Certificateの方が取得が簡単で、安いからです

比較してみましょう


チェンマイの日本領事館
交付 翌日
申請料 670B
必要書類 (在留届けをしている前提で)パスポートの写真のページとビザのページと出国カードのページのコピー、記入済みの申請書、コンドミニアムの契約書のコピー


チェンマイのプロムナーダのイミグレ
交付 約2週間後
申請料 無料
必要書類 上の書類に加えて、写真2枚(在留届はしてようがしてまいが関係ありません)


いやいやいやいやイミグレの方が確かに安いけど、お前これ2週間待たないといけねぇじゃん!?

と思いましたか?

いやこれ実は裏技(別に彼ら隠してないから裏でもないけど)がありまして

インフォメーションで『居住証明取りたい』というとスタッフの人がなんか微妙な顔つきで

んんんん普通にやると無料だけど2週間かかっちゃうんだよね。。。でも実は7番の部屋に行くと500Bで翌日発行してくれるんだよね。。。

と言われ、7番の部屋に行くと何の説明も書いてありません(他の部屋は全て何のための部屋なのかドアから壁に記載があります)

前で突っ立ってると、ドアが開き中からおっさんが手招いています

中に入るとおっさんが一言

パスポートのコピーと賃貸契約書のコピーと写真と500Bだ

と言われ出すと

OK see you tomorrow

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ふざけてるにもほどがありますが、これで終了です

つまり

チェンマイのプロムナーダのイミグレ
交付 翌日
申請料 500B
必要書類 パスポートのコピー、賃貸契約書のコピー、写真

 

という素晴らしいチョイスがあるんです

私申請用紙等一切何も書いてないですからね

ちなみに大人の事情かなんか知りませんが領収書等は一切もらえませんでした

楽でしょ?こっちの方が

以上より、チェンマイで居住証明を取得する際はあらゆる手間とコストを考えてイミグレ発行のものをオススメします

※ノービザでの居住証明取得

何らかのビザを持ってタイに入国している人は、イミグレで居住証明が簡単に取得できるんですが、ノービザの場合は取得できない都市が多いです

 

2017年現在、実際にノービザで居住証明を取得可能なことがわかっているのはパタヤのジョムティエンにあるチョンブリイミグレーションです

 

私が2016年の年末に、私の知人が今年の5月にここでノービザで居住証明を取得していますのでここならほぼ確実に取得できるでしょう

 

コンドミニアム、アパートに住んでいる方は賃貸契約書のコピーが必要です

 

ホテルに滞在している方はホテルのバウチャーor滞在証明のレターが必要なんですがこれに関してはいつアウトになるかわからないので

 

ホテルに滞在している方で不安のある方は居住証明取得代行を行なっている現地のツアー会社等を頼りましょう

 

私の知人はツアー会社に頼んで1000Bくらいで居住証明を取って来てもらってました

 

ツアー会社にパスポートを持って行っただけで賃貸契約書もホテルのバウチャーも出さずに居住証明を取って来てもらってましたが、住んでる場所の情報を一切出さずにもらえる居住証明って果たして一体何の価値があるんですかね

 

いや

 

これがあればバイクが買えるんです

 

バンコク、パタヤ、プーケットではノービザでの居住証明取得に関して、私も私の知人もトライしたことがないので確定的なことは言えないのですがネットでは無理だという情報が多いのでもしこれらの都市でバイクの購入を考えている場合は、ノービザでの居住証明取得について事前に調査を行なってください

外国人がタイでのバイクを購入するために必要な手続き


パスポートと上で取得した居住証明の2点とお金を持ってバイク屋に行けば購入できます

モノによるんですが、大抵即日納車が可能なのでそのまま乗って帰れますというか普通は乗って帰るでしょう

税金等必要な手続きに関してはまともなバイク屋なら全てやってくれるんですが、購入したばかりのバイクにはいくつか足りていないものがありますので説明します

①自賠責のレシート


これはバイク購入後1週間以内にバイク屋から連絡がくるので取りに行ってください

②グリーンブック


写真の上にある緑色のやつです

車輛登録書です

これはバイク購入後1ヶ月後くらいに連絡がくると思うので取りに行ってください

③税金支払い済みの証明


これもグリーンブックと一緒にもらえます

写真でグリーンブックの下にあるステッカーです

受け取ったら見える場所に貼り付けて置く必要があるらしいんですが、ダサいので私はシートの下に入れてます

④ナンバープレート

びっくりするかもしれませんが、これもグリーンブックと同時にもらえます

つまり、約1ヶ月前後は無ナンバーで走ることになります

日本で無ナンバーで走ってたら恐らく普段はやる気を見せない警察も警察の威信にかけて絶対逮捕するレベルの気合でパトカー何台も投入して追尾してくると思いますが

タイでは普通です

一応バイク屋の方から、『検問で止められてチェックされた時にこれを見せて』と証明書のようなものをもらいますので、バイクに乗る時はいつも携帯しておきましょう

ナンバープレート付けに行く前に洗車

 


以上

バイク購入に必要な書類、手続きでした!

基本的に購入は簡単で、パスポートと居住証明だけ持ってバイク屋に行けば、車種にもよりますが、その日のうちに乗って帰れますし、必要な手続きは全てバイク屋がやってくれます

タイでは中古のバイクも相当な高値で売れる、というかあまり購入価格から下がらないので、3ヶ月以上滞在するような人はレンタルじゃなくて新車を買って、タイを去る時に売るようにした方が結果的に安くつくことも多いかと思います

何より新車の方が乗ってて気持ちいいですからね笑

タイでバイクに乗る方は是非参考にしてください★

ポップガンマイ!(●´^`●)


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしこの記事を読んで『面白いな』と思ったり『役に立った!』と思ったら下のバナーのどちらか興味あるカテゴリーをクリックして頂けるとこのブログのランキングが上がって物凄く喜びますので宜しくお願いします★

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です