タイ&ラオス

タイのビザ延長手続きに必要な書類と注意点【2019年最新版】

この記事はタイ国内のイミグレでの滞在延長方法について詳細に説明している記事ですが、最近EDビザというワードでこの記事に辿り着く人が多いのでタイのEDビザ(学生ビザ)の取得に関する記事を最初に紹介しておきます

タイで語学留学する方法、EDビザ、費用等をまとめたよ【短期OK】タイの語学留学に必要なビザ、手続き、費用に関して簡潔にまとめてみました。短期の旅行ついでに留学を考えている方から、1年以上の長期留学を考えている方まで役に立つと思うので是非参考にしてください!...

EDビザの取得方法を求めてる方は上の記事を参考にしてください


以下タイのイミグレでビザを延長する方法について詳しく説明していきます

タイに2年半在住歴のある筆者がタイ国内のイミグレーションでビザを延長する方法、必要な書類、注意点をまとめました

筆者は主にノービザ 、観光ビザ、EDビザ(学生ビザ)を繰り返し更新しまくってタイに滞在しているので、当記事はこの3つのビザの延長方法を知りたい人向けです

どこの都市でも手続き方法は基本的に同じですが、筆者がチェンマイに住んでいるので、チェンマイのイミグレ最新情報等は特に詳しく記載、更新しています

基本的には必要な書類を必要な場所(イミグレ)に持っていくだけなのお手軽作業なので難しく考えないでください

以下の記事をよく読んで準備しましょう

タイのビザはタイ国内のイミグレで滞在延長できる

EDビザの滞在延長

手続きによって貰える日数は下の方で詳しく説明してありますが、状況によって少し変化します

多くの人が持っているラオスのビエンチャンで取得したシングルエントリーのEDビザは一度の延長で90日貰えることが多いです

基本的に90日間のビザが切れる30日前からビザが切れる日までに延長する必要があります

観光ビザ、ノービザの滞在延長

30日滞在可能なノービザ 、60日滞在可能な観光ビザは両方ともタイ国内のイミグレーションで手続きをすることによって一回だけ30日の滞在延長が可能です

ビザが切れる15日前からビザが切れる日までに延長する必要があります


いずれの場合もビザが切れる日に何らかのトラブルで延長ができなかったり、イミグレが休館日だったりするとマズイので余裕を持って5日前くらいまでには全ての手続きを終わらせましょう

タイのビザ延長に必要な書類

  1. パスポート、出入国カード、申請費用1900B(持参必須)
  2. 学校からもらう書類(EDビザのみ)
  3. パスポートのコピー(イミグレで入手可)
  4. 写真(イミグレで入手可)
  5. 申請書(TM7)(イミグレで入手可)
  6. TM30のレシートのコピー(EDビザのみ)

EDビザの場合は上の書類全て

ノービザ、観光ビザ場合は上の書類のうち①、③、④、⑤をイミグレーションの専用カウンターに持って行って提出するだけのお手軽手続きです

①パスポート(出入国カードも一緒に)、申請費用(1900B)

説明不要ですね

出入国カードが挟まっていることを確認して持って行ってください

②学校から貰う書類(EDビザの場合のみ必要)

学校の方でビザの延長に必要な書類を用意してくれますので、ビザが切れる一ヶ月くらい前になったら学校の方に延長手続きに必要な書類を用意してもらいましょう

学校にもよりますが、書類の用意に1週間から2週間程度かかりますので(実は奴ら本気出せば4営業日くらいで用意できるんですが)、なるべく早めに準備をすることをおすすめします

学校によっては先生からの評価レポートが必要なところもあります

学校から受け取った書類については初めて延長申請する人はどれが何だか見てもわからないのと思うので、受け取ったものをそのままイミグレに持って行ってください

③パスポートと出入国カードのコピー

コピーを取るのは以下のページです

  • 顔写真のページ
  • 入国スタンプのあるページ
  • 出入国カード
  • ビザシールのページ(観光ビザ、EDビザの場合)
  • その滞在に関係しているスタンプのページ全て(主に観光ビザ、EDビザの場合で下に解説アリ)

コピーにはそれぞれに青のボールペンでパスポートと同じサインをしてください

コピーはどこで取ってもいいんですが、ほぼ全ての都市でイミグレの建物内、あるいはそのすぐ近くにビザ手続き専門のコピー屋さんやら写真屋さんやら旅行代理店が必ずありますので用意して行く必要は特にありません

チェンマイの場合、イミグレが空港近くに移ってから必要なコピー、写真は道路挟んでイミグレ向かい側のTIAN Extension visa servicesかガソリンスタンド横の代理店で全部取得できるようになったのでこれがおすすめです

観光ビザやEDビザで滞在している場合、初回の入国スタンプ以降何らかのスタンプをもらうこともあるかと思います。具体的にはリエントリーパーミットを取得して出入国をした際に付くスタンプ、EDビザで2回目の延長手続きをする場合は1回目の延長スタンプがついているはずです。その滞在に関する初回のビザシール、入国スタンプ以降にパスポートについたスタンプ等のページは全てコピーして行くことをおすすめします。特にEDビザの場合は初回ビザシールのページから更新手続きまでについた全ての出入国スタンプ、リエントリーパーミット、延長スタンプのページを要求されることが多く、手続きの最中に書類不備でコピー取ってこいと言われるのは面倒なので最初から用意していきましょう。

④写真

4×6というわけのわからないサイズの写真が必要となります

どこの都市でもイミグレーションと同じ建物かその付近で入手可能なので別に持って行く必要はありません

ちなみにチェンマイのイミグレでは今はそのようなことはないですが、以前は何故かイミグレ併設の写真屋で撮った写真じゃないと背景の色等にケチをつけられて受理してくれないことがあったそうなので、こういうのはイミグレでやるのが一番確実かと思います

上にも記載しましたが、チェンマイのイミグレが空港近くに移ってから必要なコピー、写真は道路挟んでイミグレ向かい側のTIAN Extension visa servicesかガソリンスタンド横で全部取得できるようになったのでこれがおすすめです

写真は100Bで撮ってくれます

⑤ビザ延長申請書(TM7)

TM7という延長申請書類を青のボールペンで記入する必要があります

ネット上で入手することも可能ですが、イミグレにも置いてあるので現地で入手するのが良いでしょう

筆者はこう言った手続きに関する必要書類は全てイミグレのインフォメーションの人から受け取ってます(その方が確実ですから)

英語で説明があるので記入に問題はないかと思いますが、TM7の裏側、写真のあるページのサインの下に電話番号を書いてください

⑥TM30のレシートのコピー(EDビザの場合のみ必要)

忘れて行く人が多いので(筆者も以前忘れました笑)必ずチェックをお願いします

コンドミニアム、アパートに滞在している人は、そこのマネージャーかオーナーがTM30という届け出をイミグレにしているはずで、そのレシートを受け取っているはずです

こんな感じのやつです

これを必ず持って行ってください

筆者は持っていくのを忘れたため、再度レシートを取得するという面倒な手間が増えました

自分で再度取得する際は、申請用紙にオーナーの名前、年齢、住所、電話番号が必要になります

今現在ノービザ、観光ビザの延長ではこの書類は要求されてません

チェンマイでのビザ延長手続きは空港近くのイミグレで行う

滞在延長の手続きは各都市にあるイミグレーションで行います

チェンマイの場合、2018年前半まではプロムナーダリゾートモールという郊外の超行きに行くい場所にあったんですが、空港の近くに移転になりました

移転したイミグレーションの場所や、上で説明したコピー、写真が入手できるTIAN Extension visa servicesについてはこちらの居住証明に関する記事で説明してますので参考にしてください

チェンマイのイミグレで居住証明を最速で取得する方法【裏技】【2019年最新版】空港近くに移転したチェンマイの新しいイミグレーションで居住証明をなるべく早く受け取りたい方向けに情報をまとめました!正攻法でいくと非常に時間のかかる居住証明ですが、解決策はありますので是非参考にしてください。...

EDビザの滞在延長手続きで貰える日数は都市によって違う

ノービザや観光ビザは一律30日延長ですがEDビザは少し事情が違います

ラオスのビエンチャンで申請する人が多いと思いますがこの場合にもらえる90日間有効なシングルエントリーのEDビザをイミグレで更新すると基本的に90日の滞在延長になります

つまり普通は入国から90日経ったら90日滞在延長をして、さらに90日後に延長をして、と言った感じで3回延長すると1年滞在になるわけです

ただ、2017年〜2018年にチェンマイのイミグレでEDビザの滞在延長をした際、初回の延長で90日、2回目の延長で半年もらえたので2回の延長で1年滞在となりました

逆に他都市での延長手続きで、タイ語学校に行ってるはずなのにタイ語があまりにも喋れなさすぎてとりあえず1ヶ月の延長しか認められなかったケースもあるようです

(重要)タイのビザ延長手続きに関する注意事項

いくつか注意しなければならないことをピックアップして説明します

ビザ延長のための書類を書くボールペンの色について(全員対象)

書類の記入は全て青のボールペンかイミグレに置いてあるボールペンで記入してください(少なくともチェンマイのイミグレでは)

筆者が黒のボールペンで記入して持って行ったところ、青で記入し直せと言われ、全て書き直しになりました

めんどくさそうな顔をしたところ、上司を呼んできて少し相談してくれたんですが、ダメだったので少なくともチェンマイで延長申請する際は必ず青のボールペンで行ってください

というかチェンマイに限らずタイの公的機関ってなんか書類書くのに青のボールペンを使うの好きですよね

ビザ延長を申請する曜日、時間について(特にEDビザの人は注意)

都市にもよりますが、EDビザの延長手続きは1日の受け入れ人数が決まっていることがあり、なるべく月曜日と金曜日、その他休館日前、休館日直後に行くのは避けて(つまり火曜〜木曜の)朝に行くことをおすすめします

前回筆者がEDビザの延長に行ったのは火曜日でイミグレに着いたのが9時、持って行き忘れたTM30のレシートの再取得やリエントリーパーミット申請したりと余計な仕事も含めて昼前には全て終わってニマンヘミンでランチを食べてましたが

月曜日に知人2人がEDビザの延長手続きをしに行ったところ、朝の7時前、イミグレが開く前にイミグレに着いたにも関わらず、全部終わったのが夕方頃という最悪の事態が発生したそうです

このような事態は主に休日前、休日明けに発生するみたいですので、そのような曜日に行くのは時間の無駄なのでやめましょう

というか、ビザ関係の手続き全てに言えることなんですが、大使館やイミグレで長時間待たされる話をよく聞きますが、筆者は過去何回もラオスのビエンチャンにあるタイ大使館でビザ申請したり、バンコク、パタヤ、チェンマイのイミグレでビザ延長手続きをしてますが長時間待たされたことなど一度もありません

待たされる人は行く曜日と時間が悪いだけです

前回筆者が行った時も係の人に『中に入って座って待ってて?1時間もすれば名前呼ばれるから』と言われ中に入ってたら3分くらいで名前呼ばれて手続きが始まりました

手続き後も『そしたら外に出て待っててください。1時間もしないでパスポートを持って行きますので』と言われ外に出て座ってたら5分くらいで係の人がパスポート持って出て来ました

なのでビザ関係の手続きをする場合、行く曜日を間違えないようにしましょう

現状ノービザ 、観光ビザ延長の場合そこまで問題にはならないんですがそれでもなるべくストレスなく申請するには上で書いたイミグレが混む曜日は避けた方が良いでしょう(まぁ筆者は昨日、金曜の11時頃にチェンマイのイミグレに行って15分で観光ビザ延長終わったからそんなに気にするほどでもないかもですが)

リエントリーパーミット(EDビザ、観光ビザの人対象)

滞在中に国外に出る予定のある方は必ずリエントリーパーミットを申請してください

ほとんどの方はシングルエントリービザで入っていると思いますので、リエントリーパーミットなしで国外に出るとビザが無効になります

90日レポート(EDビザの人対象)

初回のEDビザ延長の際にこのような用紙をもらうかと思います

タイ国内に90日以上続けて滞在する人は、90日おきにイミグレで90日レポートというものを届け出なくてはなりません

初回のEDビザ延長を1回目の90日レポートとしてカウントしてくれるので、初回の延長時には必要ありませんが、次の申請期限は延長手続きから90日後となるので、これは必ずしもビザの期限と一致しません

例えば7月15日に期限が切れるEDビザの初回延長手続きを7月1日に行った場合

次の90日レポートは7月1日から90日以内(一応1週間は過ぎても大丈夫らしいですが危ないのでやめましょう)に行わなければなりませんが

次のビザの延長手続きは7月15日から90日以内となるため期限が少しズレてます

また、この90日レポートは90日以上続けて滞在しない人は届ける必要はありません

例えば筆者はもうそろそろ2年半くらいタイに住んでることになりますが、毎月、或いは2ヶ月に一回ほど日本を含め、他国に出かけているため90日以上続けてタイにいたことがなく、このレポートを提出したことは一度もありません

Grab Taxiは違法です

たまに知らない人がいますが、Grab Taxiは違法です(少なくとも違法だと強烈に主張している人がおります)

まぁバンコクあたりだとメータータクシーがたくさんいるのでGrab Taxiを使わなくても何とかなるんですが、チェンマイではほぼ必須のアプリですよね

便利なので別に使うなとは言いませんが、最近チェンマイでは(主にタクシー、ソンテウからの)Grab Taxiの取り締まりが厳しくなっており、タクシーやトゥクトゥク、ソンテウのドライバーからの風当たりがハンパないです

空港でかなり大規模な取り締まりがあったり、Grab Taxiの運転手がトゥクトゥクの運転手に暴行されたりと、まぁこれタイだけじゃなくて他の国でもよくあることなんですが起こってます

なのでタクシーやソンテウがたくさん集まっているところへのピックアップ等は嫌がることがあります

実際筆者がチェンマイのプロムナーダから乗った時に

『表にタクシードライバーがいるから止められない。駐車場に来て欲しい。』

と電話をしてきてピックアップポイントが変更になったことがあります

このことを理解した上で利用しましょう


以上、ビザの延長に必要な書類、注意点でした

タイのビザ関係の手続きは内容がコロコロ変わる上に、最新情報が確認しにくいですが、基本的には必要なものを必要なところに持って行って提出するだけなので焦らず情報収集をして余裕を持って行いましょう!

ビザに関しては以下の記事も是非参考にしてください

タイのビザを滞在日数別に徹底的に検討した結果【観光から移住まで】タイに旅行、移住、ロングステイ、留学、外こもりする際にビザをどうすれば良いか。現在タイに外こもり中の筆者が最新の情報と今までの経験を踏まえた上で説明していきます。...

また、タイに滞在中の海外旅行保険を完全無料にする方法についてはこちらの記事を参考にしてください

エポスカードの海外旅行保険が完全無料で最強過ぎる件【旅人必携】マルイ・エポスカードに自動付帯している海外旅行保険が完全無料にも関わらず他社のクレジットカードと比べて圧倒的にオススメできる理由と特色を詳しく説明します!またクレジットカードに付帯の海外旅行保険を扱う際の注意事項等も細かく解説しているので是非参考にしてください!...

それではまた!ポップガンマイ!( *`ω´)

ps

今カフェでこの記事をリライトしてるんですが、頭が痛い(T ^ T)

POSTED COMMENT

  1. makoto より:

    こんにちは。記事を読ませていただきました。ありがとうございます。お聞きしたいことがあるのですが、私は、年に2回ほどタイや他の東南アジアに旅行する(現地に住む)のですが、観光ビザだと30日で30日延長が出来るようですが、入国の際に他国などに出国出来る航空券などの提示が必要ですが出国日が60日先や90日先でも問題ないのでしょうか?ご存じなら教えていただきたいです。7月から30日以上の滞在がしたく宿泊も民泊か長期滞在型のアパートを借りようと思ってます。

    • あおい より:

      makotoさんこんにちは

      この件について完璧な回答をできる方はこの世に存在しませんがまずはこちらの記事をお読みください。

      https://chiangmai-ch.com/oneway-ticket-to-thailand/

      日本人がビザなしで(あなた様は観光ビザと書かれておりますが、おそらくビザなしでの入国のことを話していると思うので)タイに入国をすると30日の滞在が許可され、さらに30日の延長が許可されるので、合計で60日の滞在が可能になります。

      なので普通に考えるのであれば60日以内に出国する航空券を所持していないと航空券をチェックする意味がないので、少なくとも60日以内に出国する航空券を持つべきでしょう。

      30日以内じゃなくても大丈夫なのか?と不安になるようでしたら、利用する航空会社に尋ねてみてください。多くの場合、航空券チェックで問題になるのはタイの入国管理局ではなく、あなた様をタイまで乗せていく航空会社のチェックインカウンターです。

      • makoto より:

        返信、ありがとうございます。時々、意地悪いイミグレ職員がいて(インドネシアです)観光だと言っているのにビジネスで来たんだろうとかシツコク聞いてきたり、何処を観光するんだとか最近有りましたで少し心配になりました。タイは好きで毎年2週間~一か月滞在しています。次回は最も長く滞在しようと思ってます。ありがとうございました。

        • あおい より:

          makotoさんコメントありがとうございます。
          どこの国のイミグレでも少し意地悪な職員はいます。タイにももちろんおりますが普通の観光客がそう言ったいじわるな職員に当たる確率はインドネシアよりは低いです。タイの入国審査で一番重要なことは普通の観光客と同じように普通の格好、普通の態度で入国審査に臨むことです。
          ①普通の見た目
          ②対応も丁寧
          ③お金に困っていない(お金を持っている)
          この3つが揃っていて、毎年数週間程度の滞在でしたらそうそうトラブルは起きません。タイの入国審査でトラブルが起こる人は見た目がお金持ってなさそうな人、ノービザと観光ビザで何年も滞在している人がほとんどです。
          makotoさんの滞在日数でしたら滞在日数で何かトラブルことはないと思いますので、普通の格好、なるべく綺麗な格好をして入国審査に臨むことをおすすめします。

          滞在お気をつけて楽しんでください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です