タイ&ラオス

誕生日にタイのチェンマイでバイクを購入した話【購入手続きの全て】

先日自分への誕生日プレゼントにチェンマイでバイクを購入したので、その時の経験を踏まえてタイで外国人がバイクを購入する際に必要になる書類、手続き等に関して説明します

買ったのはKAWASAKI KSR110、上の写真のやつです

青空に映えるでしょ?

それではいきましょうw

外国人がタイで自分名義のバイクを購入するために必要な書類

筆者が回ったチェンマイのバイク屋全て(honda、kawasaki、yamahaのディーラー及び、Mae Jo Sunday marketと呼ばれる中古バイク市場)で下の2点のみが必要だと言われたので、基本的にタイで外国人がバイクを買う際には以下の2点を求められます

よくワークパーミットがどうたらとかビザがどうたらとかありもしない噂をばら撒いている人がいますが、もう一度繰り返しますが必要なものは以下の2点だけです

パスポート

説明は不要ですね。

居住証明(ワークパーミット)

  • 日本領事館発行の在留届出済証明
  • イミグレ発行のResidence Certificate
  • ワークパーミット

この3つが居住証明の役割を果たすのでどれか1つ用意してください

タイで仕事をしている人はワークパーミットがあるので楽でしょう

タイで仕事をしていない人の場合は日本領事館発行の在留証明かイミグレ発行のResidence Certificateが必要になります

チェンマイではResidence Certificateより在留届済証明の方が取得が楽

都市によって、イミグレでのResidence Certificate取得にかかる手間が違うので全ての都市に当てはまるわけではないですが、チェンマイで居住証明を取得する場合、可能であるなら日本領事館発行の在留届出済証明の方が簡単です

その理由を説明します


チェンマイの日本領事館で取得する在留証明

交付日:翌日
申請料:670B
必要書類:(在留届けをしている前提で)パスポートの写真のページとビザのページと出国カードのページのコピー、記入済みの申請書、コンドミニアムの契約書のコピー


チェンマイのイミグレで取得するResidence Certificate

交付日:2019年3月現在、4週間〜9週間後というのが定説
申請料:無料
必要書類:パスポートの写真のページとビザのページと出国カードのページのコピー、記入済みの申請書、コンドミニアムの契約書のコピー、写真


最近チェンマイのイミグレーションで無料でResidence Certificateを取得しようとするととんでもなくやる気がない職員が4週間から9週間などという現実的ではない交付日を告げてきます

以前、チェンマイのイミグレがプロムナーダにあったときはイミグレと同じ建物内にある胡散臭い部屋で500Bを支払うとほとんど何の準備も不要で翌日居住証明が受け取れたということもあってイミグレ発行のものをおすすめしていたんですが、最近この賄r…じゃなくて特別料金によるエクスプレスサービスが1000Bに値上がりしたので取得可能であるなら日本領事館での在留証明を取る方が楽です

ビザやその他の都合で日本領事館発行の在留証明が取れないという方は以下にチェンマイのイミグレで最速で居住証明を取得する方法をまとめてありますので参考にしてください

チェンマイのイミグレで居住証明を最速で取得する方法【裏技】【2019年最新版】空港近くに移転したチェンマイの新しいイミグレーションで居住証明をなるべく早く受け取りたい方向けに情報をまとめました!正攻法でいくと非常に時間のかかる居住証明ですが、解決策はありますので是非参考にしてください。...

※ノービザでの居住証明取得

何らかのビザを持ってタイに入国している人は、日本領事館やイミグレで居住証明が簡単に取得できるんですが、ノービザの場合は取得できない場合もあるようです

2019年現在、ノービザで問題なく居住証明の取得が可能なことがわかっているのはパタヤのジョムティエンとチェンマイの空港近くにあるイミグレーションです

チェンマイのイミグレでノービザでResidence Certificateを取得したい方は上で紹介した記事を参考にしてください

ちなみに知人はパタヤのツアー会社に頼んで1000BくらいでResidence Certificateを取ってましたが、ツアー会社にパスポートを持って行っただけで賃貸契約書もホテルのバウチャーも出さずに取得できてました笑

住んでる場所の情報を一切出さずにもらえる居住証明って果たして一体何の価値があるんですかね

いや

これがあればバイクが買えるんです

タイでバイクを購入する方法と購入後に受け取る書類、ナンバープレート

パスポートと上で取得した居住証明の2点とお金を持ってバイク屋に行けば購入できます

普通の買い物と同じなので特に問題はないでしょう

大抵即日納車が可能なのでそのまま乗って帰れますというか普通は乗って帰ります

この際、簡単なヘルメットくらいなら無料でくれる可能性が高いので聞いてみると良いでしょう(ノーヘルで乗って帰る最中に警察に捕まって罰金とかになったら嫌ですからね)

税金等必要な手続きに関してはまともなバイク屋なら全てやってくれるんですが、グリーンブックやナンバープレートの受け取りは購入後数日〜1ヶ月ほどかかることが多いので説明します

①自賠責のレシート

これはバイク購入後1週間以内にバイク屋から連絡がくるので取りに行ってください

②グリーンブック

写真の上にある緑色のやつです

車輛登録書です

これはバイク購入後1ヶ月後くらいに連絡がくると思うので取りに行ってください

③税金支払い済みの証明

これもグリーンブックと一緒にもらえます

上の写真でグリーンブックの下にあるステッカーです

受け取ったら見える場所に貼り付けて置く必要があるらしいんですが、ダサいので筆者はシートの下に入れてます

④ナンバープレート

びっくりするかもしれませんが、これもグリーンブックと同時にもらえます

つまり、約1ヶ月前後は無ナンバーで走ることになります

日本で無ナンバーで走ってたら恐らく普段はやる気を見せない警察も警察の威信にかけて絶対逮捕するレベルの気合でパトカー何台も投入して追尾してくると思いますが

タイでは普通です

一応バイク屋の方から、『検問で止められてチェックされた時にこれを見せて』と証明書のようなものをもらいますので、バイクに乗る時はいつも携帯しておきましょう

無ナンバーの状態で登録地域外にバイクで遊びに行くのはちょっとリスキーです。バイク屋、現地の友達に聞いたところ、基本的には問題ないと思うがトラブルが起きる可能性がないわけではないので、無ナンバーで他県に遊びに行くのはやめた方が良いとのことでした。

ナンバープレート付けに行く前に洗車してもらった(●´^`●)


以上!

バイク購入に必要な書類、手続きでした!

基本的に購入は簡単で、パスポートと居住証明だけ持ってバイク屋に行けば、車種にもよりますが、その日のうちに乗って帰れますし、必要な手続きは全てバイク屋がやってくれます

タイでは中古のバイクも相当な高値で売れる、というかあまり購入価格から下がらないので、3ヶ月以上滞在するような人はレンタルじゃなくて新車を買って、タイを去る時に売るようにした方が結果的に安くつくことも多いかと思います

タイでバイクを売る方法についてはこちらの記事を参考にしてください

【居住証明不要】タイのチェンマイでバイクを売った話【WP不要】タイのチェンマイでバイクを売ったので、必要書類、ワークパーミット、居住証明等日本人がよく悩んでそうなことについて書いてみました。...

それではまた!ポップガンマイ!(●´^`●)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です