※2018年8月一部訂正※

今週の火曜日にチェンマイのイミグレにEDビザの延長手続きをしに行きましたので、その詳細、必要書類、注意点をお知らせします(ついでに観光ビザ、ノービザの延長についても一緒に説明します)

タイで語学留学をする人は一部の人を除いて90日間有効なEDビザシングルを所持していると思います

このビザは90日起きにイミグレで延長手続きをしなければなりません

つまり1年のコースで語学学校に通っている人は、入国して90日間の滞在延長を3回することによって入国から計12ヶ月滞在可能になるわけです2017年〜2018年は入国してから90日後の1回目の延長で90日、その次の2回目の延長で180日の延長が認められて、2回の延長で12ヶ月の滞在でした

また、ノービザ、観光ビザの方はイミグレで延長手続きをすることにより一度だけ30日の延長滞在が認められます

自分がどのビザでタイに滞在すれば悩んでいる方は【短期観光】タイに滞在!ビザはどうすれば良いの!?【長期滞在】を参考にしてください

では早速いきましょう

※以下の説明はチェンマイのイミグレでの話になりますので、手続きをする都市によって若干内容が異なる可能性があります

ビザ延長手続きの期間


EDビザの場合は基本的に90日間のビザが切れる30日前からビザが切れる日までに延長する必要があります

観光ビザ、ノービザの場合はビザが切れる15日前からビザが切れる日までに延長する必要があります

ビザが切れる日に何らかのトラブルで延長ができなかったり、イミグレが休館日だったりするとマズイので余裕を持って1週間前までには手続きを終わらせましょう

ビザの延長に必要な書類


EDビザの場合は次の書類全て(⑥に関しては2018年8月時点で不要になっています

ノービザ、観光ビザの延長は次のうち①、③、④、⑤、のみ持っていけば大丈夫です(⑥に関しては2018年8月時点で不要になっています

パスポート(入国カードも一緒に)、申請費用(1900B)


説明不要ですね

入国カードが挟まっていることを確認して持って行ってください

学校から貰う書類


学校の方でビザの延長に必要な書類を用意してくれますので、ビザが切れる一ヶ月くらい前になったら学校の方に延長手続きに必要な書類を用意してもらいましょう

学校にもよりますが、書類の用意に1週間から2週間程度かかりますので(実は奴ら本気出せば4営業日くらいで用意できるんですが)、なるべく早めに準備をすることをオススメします

学校によっては先生からの評価レポートが必要なところもあります

学校から受け取った書類については初めて延長申請する人はどれが何だか見てもわからないのと思うので、受け取ったものをそのままイミグレに持って行ってください

パスポートのコピー


パスポートの顔写真のあるページ、入国スタンプのあるページ、ビザのページ、入国カードのコピーを取りそれぞれに青のボールペンでサインをしてください

チェンマイのイミグレにあるコピー屋では1枚2Bでやってくれ流のでこれがオススメです

街中のコピー屋よりは高いですが

『ビザの延長のためにコピーのコピーが欲しい』

と伝えれば必要なページを全てコピーしてくれるので楽です

写真


4×6というわけのわからないサイズの写真が必要となります

このサイズの写真はリエントリーパーミット申請の際にも必要となりますので何枚か持っておきましょう

チェンマイのイミグレにある写真屋では6枚200Bでこれがオススメです

チェンマイのイミグレでは今はそのようなことはないですが、以前は何故かイミグレ併設の写真屋で撮った写真じゃないと背景の色等にケチをつけられて受理してくれないことがあったそうなので、こういうのはイミグレでやるのが一番確実かと思います

申請書(TM7、Acknowledgement of terms and conditions for Permit of temporary stay in the Kingdom of Thailand)


TM7という書類とAcknowledgement of terms and conditions for Permit of temporary stay in the Kingdom of Thailandという2つの書類を青のボールペンで記入する必要があります

ここに2017年の最新版のTM7があるので記入して持っていくか、イミグレにも置いてあるので、イミグレで係りの人に言えば記入すべき書類は全てもらえます

特に難しい内容はないので記入に問題はないかと思いますが、TM7の裏側、写真のあるページのサインの下に電話番号を書いてください

Acknowledgement of terms and conditions for Permit of temporary stay in the Kingdom of Thailandに関してはほぼ同じ内容の書類はpdfで見つかったのですが、今週私が記入した書類と少し文言や形式が違ったので(つまり一字一句同じわけではなかったので)、これに関しては直接イミグレでもらう方が安全だと思います

ちなみに私はこう言った手続きをする際は必要書類は全てイミグレのインフォメーションの人から受け取ってます(その方が確実ですから)

賃貸契約書のコピーorホテルの宿泊証明※2018年8月時点では不要です


ノービザ、観光ビザでホテルに宿泊してる人は延長のための証明が欲しいことをホテルのオーナーに相談しましょう(2017,2018年に関しては不要でした)

今現在不要ですが過去に必要とされた時期があったようなのでEDビザを更新する方は要不要に関わらず、賃貸契約書はちゃんと保管しておきましょう

参考までに2016年にパタヤのジョムティエンイミグレーションでノービザの30日延長を申請した時には賃貸契約書が必要でした

TM30のレシートのコピー(重要)


忘れて行く人が多いので(私も今回忘れました笑)必ずチェックをお願いします

EDビザでコンドミニアム、アパートに滞在している人は、そこのマネージャーかオーナーがTM30という届け出をイミグレにしているはずで、あなたはそのレシートを受け取っているはずです

こんな感じのやつです

これを必ず持って行ってください

私は持っていくのを忘れたため、再度レシートを取得するという面倒な手間が増えました(忘れた場合チェンマイでは二階での取得になります)

自分で再度取得する際は、申請用紙にオーナーの名前、年齢、住所、電話番号が必要になります

以上が必要書類となります

EDビザの延長の場合は上の7項目全て、ノービザ、観光ビザの方は①、③、④、⑤、を揃えてください

ビザの延長手続きをする場所


各都市ごとに場所が決まっているので事前に調べてください

チェンマイの場合はプロムナーダリゾートモールという街から少し離れたところにあるショッピングモール内のイミグレで行います

場所はここです

徒歩では無理なので、バイクで行くか、uberやgrab taxiを使うことをオススメします

一階の外にカウンターがありますので、そこでEDビザ(或いは観光ビザ、ノービザ)を延長したいことを伝えて必要書類を貰って記入してください

全ての書類が揃ったら中での手続きとなりますので後は係員の指示に従って手続きを行い、終わるのを待つだけです

 

注意事項(重要)


いくつか注意しなければならないことがありますので、説明します


注意事項1 ボールペンの色について(全員対象)


書類の記入は全て青のボールペンで行ってください(少なくともチェンマイのイミグレでは)

 

今週私は黒のボールペンで記入して持って行ったところ、青で記入し直せと言われ、全て書き直しになりました

 

めんどくさそうな顔をしたところ、上司を呼んできて少し相談してくれたんですが、ダメだったので少なくともチェンマイで延長申請する際は必ず青のボールペンで行ってください

注意事項2 申請する曜日について(全員対象)


月曜日と金曜日、その他休館日前、休館日直後に行くのはやめてください

 

私が行ったのは火曜日だったので、イミグレに着いたのが9時で、TM30のレシートやリエントリーパーミット申請したりと余計な仕事も含めて昼前には全て終わってニマンヘミンでランチを食べてましたが

 

先日月曜日に私の知人が2人行ったところ、朝の7時前、イミグレが開く前にプロメナーダに着いたにも関わらず、昼過ぎてもまだ手続きが終わっていないという最悪の事態が発生したそうです

 

このような事態は主に休日前、休日明けに発生するみたいですので、そのような曜日に行くのは時間の無駄なのでやめましょう

 

というか、このビザ関係の手続き、大使館やイミグレで長時間待たされる話をよく聞きますが私は過去5回以上のラオスのビエンチャンでのビザ申請及び、過去10回以上のバンコク、パタヤ、チェンマイのイミグレでのビザ延長手続きで長時間待たされたことなど一度もありません

 

待たされる人は行く曜日と時間が悪いだけです

 

今回も書類が全て揃った時に係の人に『中に入って座って待ってて?1時間もすれば名前呼ばれるから』と言われましたが中に入って3分くらいで名前呼ばれて手続きが始まりました

 

手続き後も『そしたら外に出て待っててください。1時間もしないでパスポートを持って行きますので』と言われ外に出て座ってたら5分くらいで係の人がパスポート持って出て来ました

 

なのでビザ関係の手続きをする場合、行く曜日を間違えないようにしましょう

注意事項3 リエントリーパーミット(ノービザの方は不要)


滞在中に国外に出る予定のある方は必ずリエントリーパーミットを申請してください

 

ほとんどの方はシングルエントリービザで入っていると思いますので、リエントリーパーミットなしで国外に出るとビザが無効になります

注意事項4 90日レポート(ノービザ、観光ビザの方は不要)


初回のEDビザ延長の際にこのような用紙をもらうかと思います

 

 

タイ国内に90日以上続けて滞在する人は、90日おきにイミグレで90日レポートというものを届け出なくてはなりません

 

イミグレでは初回のEDビザ延長を1回目の90日レポートとしてカウントしてくれるので、初回の延長時には必要ありませんが、次の申請期限は延長手続きから90日後となるので、これは必ずしもビザの期限と一致しません(というか普通は一致しません)

 

例えば7月15日に期限が切れるEDビザの初回延長手続きを7月1日に行った場合

 

次の90日レポートは7月1日から90日以内(一応ルールでは1週間は過ぎても大丈夫ですが危ないのでやめましょう)に行わなければなりませんが

 

次のビザの延長手続きは7月15日から90日以内となるため若干日にちがズレます

 

また、この90日レポートは90日以上続けて滞在しない人は届ける必要はありません

 

例えば私はもうそろそろ1年くらいタイに住んでることになりますが、毎月、或いは2ヶ月に一回ほど日本を含め、他国に出かけているため90日以上続けてタイにいたことがなく、このレポートを提出したことは一度もありません

注意事項5 uberは違法です(※東南アジアからuberは消え去りました笑


(※2018年上半期に東南アジアのuberはgrab taxiに食われましたので、以下の内容はgrab taxiのことだと思ってください)

 

たまに知らない人がいますが、uberは違法です

 

別に使うなとは言ってませんが、最近チェンマイではuberの取り締まりが厳しくなっており、タクシーやトゥクトゥク、ソンテウのドライバーからの風当たりがハンパないそうです

 

特に先月空港でかなり大規模な取り締まりがあって以来、uberは空港からのピックアップは嫌がっています

 

街中で使う分にはそんなに問題はないんですが、プロムナーダのピックアップポイントにはタクシーのドライバーがいるので、uberのドライバーはそこに止めるのを嫌がります(まぁ神経が図太いやつはそこでピックアップしてくれるかも知れませんが)

 

実際私が今週プロムナーダから乗った時と、その前に乗った時は両方とも運転手から

 

『表にタクシードライバーがいるから止められない。イミグレの方の駐車場に来て欲しい』

 

と電話をしてきてピックアップポイントが変更になりました

 

このことを理解した上で利用しましょう


以上、ビザの延長に必要な書類、注意点でした

タイのビザ関係の手続きは内容がコロコロ変わる上に、最新情報が確認しにくいですが、基本的には必要なものを必要なところを持って行って提出するだけなので焦らず情報収集をして余裕を持って行いましょう!

ビザに関しては以下の記事も是非参考にしてください

【短期観光】タイに滞在!ビザはどうすれば良いの!?【長期滞在】

それでは!

ポップガンマイ!( *`ω´)


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしこの記事を読んで『面白いな』と思ったり『役に立った!』と思ったら下のバナーのどちらか興味あるカテゴリーをクリックして頂けるとこのブログのランキングが上がって物凄く喜びますので宜しくお願いします★

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です