タイのビーチリゾート

タオ島観光の魅力とおすすめの格安ホテル、ゲストハウスをまとめたよ

世界の綺麗な島、ビーチ的なランキングによく載ってるので名前は結構知られてるけど、実際は行ったことない人が意外に多いんじゃないかと思われるウミガメと泳げる秘境タオ島

この島の観光情報、魅力、おすすめの格安ホテル、ゲストハウス、レストラン等について、タイ在住でタオ島常連客の筆者が徹底的にまとめました。

タオ島観光の魅力と基本情報

ウミガメと泳げる秘境タオ島の魅力と基本情報をまずは説明します。

タオ島ってどんなとこ?

タオ島の魅力は簡単に書くと以下の3つです

  1. ボートで沖に出なくてもビーチから綺麗な海を楽しめる
  2. 島内にホテル、レストラン、バー、コンビニ、薬局、病院が豊富に揃っている
  3. ツアーが豊富で外国人の対応にも慣れており英語が通用しやすい

リペ島の記事で使った表現をそのままパクって使ってますが笑、タイ国内でこの3つを兼ね揃えているリゾート地は意外と少なく、西部のリペ島、ピピ島と東部のタオ島くらいです。

ボートで沖に出なくてもビーチから綺麗な海を楽しめる

タオ島は周辺の海の透明度が高く、特にダイビングをする人にとっては有名な島ですが、別にダイビングをしない人でもビーチでまったりしたりシュノーケリングでも十分に綺麗な海を楽しめる島です。

近くにあるサムイ島やパンガン島はビーチでシュノーケリングできなくもないんですが、透明度が高いポイントはかなり限られるため海の綺麗さではタオ島が圧倒します。

ちなみにタオ島のタオはタイ語で亀を意味する言葉なんですが、その名の通り、この島近辺には野生のウミガメが住んでおりシュノーケリングツアーで一緒に泳ぐことができます。(もちろん運次第ですが)

筆者が行った時も3匹ほど大きなウミガメが見れましたが防水のカメラを持っていかなかったので撮影はできませんでした(TT)

↓↓↓先日行った時に撮れたので載せておきます↓↓↓

 

ウミガメ鑑賞の方法は後ほどシュノーケリングについての項目で解説します。

タオ島は観光客に必要なインフラが十分に整っている

たくさんの旅人が訪れる島なので島中に幅広い価格帯でホテル、ゲストハウス、レストラン、バー、屋台、セブンイレブン、薬局、病院等が何でも揃ってます。

タイでお馴染みのスムージー屋さん、フルーツ屋さんももちろんたくさんあります。

病院やクリニックも当然あり、筆者がタオ島を訪れた際は同行者がシュノーケリングツアーの集合前に飲み物を買いに行った際足を負傷して帰ってきたんですが笑、近くのクリニックでちゃんと診てもらえました。

タオ島滞在中の海外旅行保険代、医療費を完全無料にする裏技については以下の記事を参考にしてください。

海外旅行をするような人だと既に持ってる人が多いと思いますが、入会費、年会費無料のマルイのエポスカードを持って日本を出国すると90日間自動的に海外旅行保険が付帯します。

キャッシュレス(保険会社が直接病院に支払う)に対応しているので現地で病気や怪我等のトラブルがあっても病院で1円も支払うことなく病院で診てもらったり、入院することができ非常に便利です。

エポスカードに自動付帯の海外旅行保険が完全無料で最強過ぎる件入会費年会費無料で発行できるマルイのエポスカードに自動付帯している海外旅行保険が、完全無料にも関わらず圧倒的にオススメできる理由を実際に何回も使ったことがある経験をもとに注意点を含めて詳しく解説します!...

近年高騰し続けてる海外旅行保険代を0円に抑えて、現地のホテルや美味しいご飯代に回しましょう!

同行者もクリニックで診てもらった分の費用はこれで保険請求してました。

ツアーが豊富で外国人の対応にも慣れており英語が通用しやすい

ホテルや街中にたくさんある旅行代理店は外国人の対応に慣れており、基本的に英語が通用しない場面というのはほとんどありません。

一部ローカルのレストランで英語が通じないことはありますが、大抵は英語のメニューがあるので特に問題はないでしょう。

ダイビングで有名な島なので街中にはダイビングショップがたくさんありますし、シュノーケリングツアー等はホテルで申し込めることがほとんどです。

シュノーケリングに関してはまた後ほど説明します。

タオ島ってどこにあるの?

マレー半島の東側、日本人観光客にも有名なサムイ島、フルムーンパーティで有名なパンガン島の北に位置します。

見ての通り、とっても辺境な地にあるため日本に住んでいる人にとっても、筆者のようにタイに住んでいる人間にとってもアクセスはあまりよろしくないです。

タオ島へのアクセス方法についてはこの記事の最後で紹介するので是非参考にしてください。

タオ島観光はシュノーケリングと島の散策がおすすめ!

タイの他の離島と同じように海での遊びがメインになるかと思います。

タオ島周辺はシュノーケリングスポットがたくさん

ダイビングの場合は宿でおすすめのダイビングショップを教えて貰うか、街中のダイビングショップで相談してみましょう。

ダイビングで有名な島なのでたくさんのショップがありますが筆者はダイビングやらなかったので詳しくはわかりません笑

シュノーケリングに関しては二つ方法があります。

・自力でシュノーケリングに適したビーチへ行く

タオ島でシュノーケリングにおすすめのビーチと行き方に関してはこちらの記事を参考にしてください。

ウミガメを自力で見る方法についてもまとめています。

タオ島でシュノーケリングにおすすめのビーチって結局どこなん?タイ南部、ウミガメで有名なタオ島で徒歩やバイクでアクセスできて気軽にシュノーケリングを楽しめるおすすめのビーチ、シュノーケリングツアー、ウミガメを自力で見に行く方法等をまとめました。...
・ナンユアン島を含むシュノーケリングツアーに参加する

ビーチでのんびりしながらシュノーケリングを楽しみたい場合は上で紹介した自力でシュノーケリングに適したビーチに行くのがおすすめですが、がっつりシュノーケリングに時間を使いたい場合は自力でバイクやタクシーを使って各スポットにアクセスするよりシュノーケリングツアーに参加した方が遥かにコスパが良いです。

ほとんどのシュノーケリングツアーはタオ島周辺で一番有名な観光スポットであるナンユアン島も一緒に回ることができます。

筆者はホテルで紹介してくれた送迎込みで観光客に人気のナンユアン島を含めてタオ島周辺を5カ所回ってくれる500バーツのツアーに参加しました。

フェリー乗り場の前にオフィスがあってたくさんの外国人観光客が参加していたので、恐らく島中のホテルで予約可能だと思います。

この日天候があまり良くなかったですが雲だらけのナンユアン島もなかなか絵になります。

一番すごかったのは、何万匹いるんだってくらいの魚の群をシュノーケリングで見れたことですね。

手元に水中で使えるカメラがなかったので撮れなかったのが残念ですが(TT)

下の写真は別の日にGo Proで撮影したものです。

バイクや自転車を借りてタオ島散策

そんなに広くない島なので、半日もあれば大抵の場所は見て回れます。

島中のビーチやオシャレなカフェを巡るだけでも楽しいですが、おすすめはタオ島を一望できるビューポイント

ちょっと登るの疲れますが、タオ島の風景とサンセットを楽しめます。

場所はココ(確か入場料50バーツくらい取られた)

バイクのレンタルはホテルが手伝ってくれるところもあるし、街中にレンタルバイク屋もたくさんあるので、特に困らないでしょう。

筆者がよく使うのはOli’s Motorbike

場所はココでフェリー乗り場のすぐ近く

料金は1日250〜300Bくらいでパスポート(或いはデポジット)を預ける必要があります。

それ以外のレンタルバイクだとBB Travelもホテルでおすすめされたのでこの間借りてみて問題なかったので場所を載せておきます。

タオ島でおすすめのカフェ&レストラン

タオ島は島中にたくさんのカフェやレストランがあるので、食べるとこに困ったりはしませんがタオ島へのフェリーが到着するメーハード付近で朝からやってるおすすめのカフェとレストランを以下の記事でまとめました。

早朝にタオ島に到着してホテルのチェックインまで休憩したり朝ごはんを食べたい人や、朝早く起きて開いてるとこを探してる人、撮った写真等をスムージーやコーヒーでも飲みながら編集したい人向けの記事なので、是非参考にしてください。

タオ島のメーハードで朝からやってるおすすめのカフェとレストラン6選タオ島のメーハード(フェリー乗り場)で朝からやってるおすすめのカフェ&レストランを6つ紹介します!早いとこは朝6時から営業しててタオ島早朝到着時の休憩や朝ごはんに役に立つと思うので是非参考にしてください!...

夜はビーチ沿いのバーで夕日とファイアーダンス

観光客の多いサイリービーチ周辺なんかは夜になるとたくさんのバーで賑わっておりここで夕日を眺めながらお酒を飲んでマッタリする人が多いです。

この日は雲が多くて夕日は見れませんでしたが笑

日が沈むとファイアーダンス等のショーが至る所で開催されています。

タオ島でおすすめの格安ホテル、ゲストハウス【1000バーツ以下】

タオ島でフェリー乗り場から徒歩圏内、サイリービーチと並んでタオ島で人気のあるエリア、メーハードで1000バーツ以下で宿泊できる綺麗な格安ホテル、ゲストハウスを紹介します。

物価の高いリゾート地でお得に滞在できるので是非参考にしてください。

※価格はシーズンによって違うので、目安程度に見てください。ハイシーズン中は1000バーツを超える可能性もあると思います。

Sunrise Koh Tao

  • 海の真ん前の綺麗でオシャレなゲストハウス
  • 一泊:600バーツ〜(ファンルーム)、700バーツ〜(エアコンルーム)
  • 洗濯:1kg50バーツ(朝出したら夕方帰ってきたけど基本は翌日らしい)
  • 1階と2階にオーシャンビューの共有スペース有り
  • フェリー乗り場から徒歩1分
  • バイクのレンタル手配には対応してないけど周辺にレンタルバイク屋多数
  • 文鎮化してる犬が多数(犬が苦手な人は注意かも)
  • 唯一の欠点→水シャワー

この間タオ島に行った時に友達が予約してくれたゲストハウスです。

フェリーを降りて徒歩1分で到着する超好立地の場所にあり、目の前には綺麗な海が広がってます。

部屋の様子は以下のツイートを参考にしてください。

犬が何匹かいて毎日一緒に遊んでました。

ちなみにこの茶色い犬はこのゲストハウスの犬じゃなくて、他所で飼われてる犬らしいですが、このゲストハウスの居心地が良すぎて毎朝出勤してきて夕方まで居座ってます笑

こちら一階の共有スペース

ビール等も売ってるので、日中遊んでここでサンセットを見ながら一杯やれます。

唯一の欠点が全室水シャワーってとこなんですが、タオ島は暑いのでそんなに気にならないと思います。(気になる人は次に紹介するBlue Wave Houseの方が良いです)

このリーズナブル過ぎる価格で、フェリー乗り場徒歩1分の綺麗でオシャレなオーシャンビューゲストハウスに泊まりたい人は以下から詳細を確認してみてください。

Sunrise Koh Taoの詳細、口コミを確認する

Blue Wave House

  • フェリー乗り場からは徒歩圏内の好立地で綺麗なゲストハウス
  • 一泊:800バーツ〜(全室エアコン、ホットシャワー)
  • 洗濯:1kg50バーツ
  • 1階の共有スペースで毎朝トースト、バナナ、水、ジュース、お茶、コーヒー無料
  • フェリー乗り場からは徒歩8分ほど
  • バイクのレンタルはゲストハウスで手配してくれる
  • 唯一の欠点(?)は海には面してないし犬もいない

見ての通り部屋は綺麗でゲストハウスというよりプチホテルみたいな感じです。

全室エアコン、ホットシャワー付きなので、ホットシャワーが欲しい人はSunrise Koh Taoよりこちらをおすすめします。

受付の人もめちゃくちゃ親切で目の前を通る度に声をかけてくれたし、筆者が早朝にタオ島に到着して。

あおい
あおい
まだチェックインできないよなぁ?

と思ったけど念のため尋ねたらすぐに部屋へ案内してくれました。(これは部屋の空き具合によると思いますが)

内陸の方に入るのでホテルから海は見えないですが、港まで徒歩5分程度、フェリー乗り場までも8分程度の好立地で綺麗で全室ホットシャワーのゲストハウスです。

興味ある方は以下から詳細を確認してみてください。

Blue Wave Houseの詳細、口コミを確認する


以上!ウミガメと一緒に泳げる秘境タオ島について書いてみました!

ほとんどのビーチがオフシーズンに入ってしまう夏休みのタイでも場所を選べばこんな綺麗な海で遊べちゃうので夏休みは是非タイのタオ島へ!

海外旅行でおすすめのアクションカメラ、GoProについては以下の記事を参考にしてください。

初心者でもリゾート地で簡単かつ手軽に綺麗な動画が撮影できて便利です。

海外旅行で使うカメラはGoProがおすすめ【一眼レフやスマホと比較】買ったばかりのGoProを使ってタイのリゾート地クラビで遊んだ結果をまとめました!初心者がGoProを使って感じたこと、一眼レフとの比較や実際に撮った動画を載せてあるので、これからGoProの購入を検討している人は是非参考にしてみてください!...

タオ島への行き方はこちらの記事を参考にしてください。

ウミガメが住む秘境=タオ島への行き方を考え抜いた結果【徹底検証】ウミガメと一緒に泳げるタイ南部の秘境、タイ島への行き方を様々なパターンに分けてどこよりも詳しくまとめてみました!立地があまりよくないのでアクセスに多少時間はかかりますが決して難しくはないので是非参考にしてください!...

またタオ島以外のタイ国内でおすすめのリゾート地、離島に関してはこちらの記事も参考にしてください。

タイでおすすめのリゾート地、離島を本気で7つ厳選してまとめた結果タイで本当におすすめできるリゾート地、離島をタイ在住者が本気で考えて7つ厳選しました!どこへ行けば良いか迷う人用に選び方のアドバイスまでまとめてあるので是非参考にしてください!...

タオ島がオフシーズン中にシーズンに入るクラビ、ピピ島、リペ島等も紹介してます。

それではまた!ポップガンマイ♪( ´θ`)ノ

ps

11月にまたインドに遊び行こうかと思い始めてます

ABOUT ME
あおい
世界中を旅して住み歩いてる旅人兼一流の現役カリスマニートやってます。禍々しすぎて最近はまぉうを名乗ってたり名乗ってなかったり…現在はタイのチェンマイに引きこもって(多分)5年目くらい、タイ語の勉強を適度に頑張っています。ブログのタイトルはチェンマイちゃんねるですが、アジア、中東、ヨーロッパ、アフリカ、北極等どこにでも出没するので幅広い地域について記事にしています。紹介文の下の方にある(パソコンだと右下)メールマークの隣のツイッターのマークを押してもらえると筆者がやってるツイッターページ(@AoiNomad)に飛びます。リアルタイムの情報やらなんやらをたまに気分で発信しているので興味ある方は是非!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です