先々月(2017年8月)の上旬にタイの秘境、タオ島に行ってきました!

『世界の綺麗な島、ビーチ』的なランキングでは常連なので名前は結構知られてるけど、実際行ったことない人が意外に多いんじゃないかと思われるこの島の魅力、行き方、オススメの宿、レストランについてまとめてみたので是非参考にしてください!

ではいってみましょう!

このブログ、最後に更新したのが約2ヶ月前ととんでもないノロノロ更新なんですが、実は7月〜8月は色々とありましてブログ書いてる場合じゃなかったんですね笑

ようやくブログを書けるレベルまで回復したので、少しずつ再開していこうかと思います

タオ島ってどこにあるの?どんな島?


マレー半島の東側、日本人観光客にも有名なサムイ島、フルムーンパーティで有名なパンガン島の北に位置します

見ての通り、とっても辺境な地にあるため日本に住んでいる人にとっても、私のようにタイに住んでいる人間にとってもアクセスはあまりよろしくないです笑

透明度が高く、特にダイビングをする人にとっては有名な島ですが、別にダイビングをしない人でもビーチでまったりしたり、シュノーケリングしたりと綺麗な海を楽しめる街です

特にマレー半島の西側、観光客に有名なプーケットやクラビが雨季でシーズンオフの夏にシーズンを迎える島なので覚えておいて損はないです

またタオ島のタオはタイ語で亀を意味する言葉なんですが、その名の通り、この島のシュノーケリングツアーでは野生のウミガメを見ることができます

私達が行った時も3匹ほど大きなウミガメが見れました

犬も気持ち良さそうに遊んでます

タオ島への行き方


出発地、旅のスタイル、予算等、様々な条件でとてつもない数の場合分けが考えられますので、とりあえずバンコクからの行き方を中心に説明します

①Lomprayah社のカオサン発タオ島行きのジョイントチケット(バス+フェリー)を買う


片道1100B(バス+フェリー)

チケットはLomprayah社のサイトで直接購入できます

朝6時発→昼2時45分着or夜21時発→朝8時45分着

バンコクでカオサンに宿泊する人はノーチョイスでLomprayah社のジョイントチケットを買うことをオススメします

これが一番楽です

朝発だと所要時間が短く、全行程で8時間半くらいなので朝の方をオススメします(まぁ早朝の方がバスの中で眠りにつきやすいっていう私の好みもありますが)

出発場所がランブトリー通りの入り口なのでカオサンに泊まっている人の場合、宿からの移動も楽だし、早朝でも夜でも出発前にその辺の屋台でご飯を食べることができます


サイトから予約をすると

Passengers are required to check in at our service counter at least 30 minutes before departure time.

という注意書きの入った予約確認メールが来ますので当日朝の5時半までに行ってチェックインをして朝ごはんでも食べて待ちましょう

私はセブンイレブンの前に出てたジョーク(お粥)の屋台で食べました


チェックイン時にはこんなチケットと行き先を識別する札が配られます

恐らく同時刻、同じ場所からサムイ島、パンガン島行きのバスも出ているため識別するために付いているんでしょう

だいたい6時間くらいでしたかね?チュムポーントいう街のフェリー乗り場まで連れてってくれてそこでフェリーに乗り継ぎます

座席はそこそこ寝れるレベルなんで、寝てればすぐに着きます

途中休憩はなかった気がしますが、バスにはトイレが付いてました!

フェリーの中はこんな感じですね

ちょうどフルムーンパーティの時期だったので満員でした

②エアアジアのジョイントチケット(飛行機+バス+フェリー)を購入する


片道1700B〜3000Bくらい

朝6時50分or7時10分発

所要時間7時間40分〜7時間50分

購入はエアアジアのサイトから航空券を検索するとアイランドトランスファーという項目があり、そこのタオ島を選択すればバス、フェリー、飛行機がセットになった航空券を購入できます

ただちょっとこれ中途半端な気がしません?

上のバスとフェリーのジョイントチケットは朝出発すれば8時間45分でタオ島まで着くので所要時間は約1時間こちらの早いと言えば早いんですが

出発はバンコクのドンムアン空港ですので、朝空港に行く必要があります

特にカオサンに泊まっている人は相当だるくないですかコレ

1時間前までには空港のチェックインカウンターに到着してたいので、泊まってるエリアにもよりますが1時間30分から2時間前には宿を出ないと間に合いませんよね

飛行機を使っているにも関わらず宿からの所要時間で考えたら上のバスとフェリーの組み合わせに負けてます

帰りは割と使えます!

朝9時タオ島発のエアアジアのジョイントチケットはスラタニ空港とナコンシータマラート空港の2ルートありますが、そのどちらも夕方の5時30分前後にドンムアン空港に到着しますので夜11時45分発のエアアジア、或いは0時45分発のスクートの成田空港行きに余裕で接続できます

5時間余裕があるので2〜3時間遅延しても余裕ですし、最終日にタオ島を朝出発したら夕方空港に着いて、ドンムアン空港でお土産でも見るか、マッサージでもするか、ご飯でも食べるかしながらゆっくりと飛行機を待つことができます

私の時も同行者が最終日にタオ島から成田まで直接帰るのでこの方法を選択しましたがナコンシータマラート発の飛行機が結構遅延してても全然余裕でした

タオ島でフェリーに乗る前にこのようなステッカーを貰うのでこれで行き先を識別することになります

行き先によってフェリーを途中で乗り換える必要があるので、ちゃんと見えるところに貼っておきましょう

こんなことでもなければ一生行くことはなかったであろうナコンシータマラート空港

現在ドンムアン空港は以前と違ってレストランも充実しているので撮った写真整理したり、ネットサーフィンしたりご飯食べながら時間を潰せばそんなにキツイ待ち時間でもない気がします

Lomprayah社のジョイントチケットのタオ島発バンコク行きは

朝10時15分発→夜8時30分着or昼2時45分発→深夜0時30分着となっており朝の便でバンコクに行く場合、ちょっとでも遅延すると同日のエアアジア、スクートへの乗り継ぎはかなり危険です

なので最終日にタオ島から成田へそのまま帰る方は参考にしてください

ただし、別々で購入した航空券の同日乗り継ぎ全てに言えることですが、万が一スラタニorナコンシータマラート→バンコクの便が欠航した場合はどのような手段を取ろうともまず間違いなく、バンコク→東京の便には乗れないというリスクがあることを承知でお願いします笑

③バンコクエアウェイズを使ってサムイ島に飛ぶ


片道3500Bくらいから(人気の時間帯は4000B以上)

バンコクからサムイまで飛行機で1時間5分、サムイからタオ島までフェリーで2時間ちょっと

最も高いですが、最も楽で早い方法です

便数も朝から夜まで頻発しているので、選び放題ですが、早朝と夜を除くと少し高くなります

日本から直接タオ島に行く人は、日本航空やタイ国際航空の東京ーサムイの往復チケットを購入すると、バンコクーサムイに関してはバンコクエアウェイズでの運航になりますので、サムイまで行ってタオ島まではフェリーに乗って行くのが一番楽でしょう

行き方まとめ


①カオサンに泊まる人はLomprayah社のバスとフェリーのジョイントチケット一択

 

②エアアジアのジョイントチケットは行きに関してはあまりお得感がない

 

③エアアジアのジョイントチケットは最終日にドンムアン発のエアアジア、スクートで東京に帰る人にはそこそこ使える

 

④予算を気にしない人はスワンナプーム発のバンコクエアウェイズが一番早くて楽

 

⑤日本からタオ島に直接行きたかったら日本航空や、タイ国際航空の東京ーサムイのチケットを購入し、サムイータオ島はフェリーに乗るのが一番楽で早い

 

タオ島でできること



タイの他の離島と同じように海での遊びがメインになるかと思います

ダイビング、シュノーケリング


ダイビングの場合は宿でオススメのダイビングショップを教えて貰うか、街中のダイビングショップで相談してみましょう

ダイビングで有名な島なのでたくさんのショップがあります

私たちはダイビングはやらなかったので詳しくわかりません笑

シュノーケリングに関しては自力でポイントまで行ってやることもできますが、やはりこれもツアーが効率良いでしょう

私達は宿で紹介してくれたこの500Bのツアーに参加しました

フェリー乗り場の前にオフィスがあってたくさんの外国人観光客が参加していたので、恐らく島中の宿で予約できるんだと思います

宿からの往復送迎込みで観光客に人気のナンユアン島を含めて5箇所くらいのポイントを回ってくれました

ただ、この日天候はあまり良くなかったですが笑

雲だらけのナンユアン

一番すごかったのは、何万匹いるんだってくらいのアジの群をシュノーケリングで見れたことですね

水中で使えるカメラがなかったので写真は撮れませんでしたが凄い光景でした!

バイクでいけるシュノーケリングスポットだと島の南部にあるフリーダムビーチをオススメします

見ての通り最南端ですが、悪路ではないのでバイクで簡単にいけると思います

いくらか忘れましたがビーチに入る前におばちゃんから入場料を請求されましたが、大した金額ではないので払って入場しましょう

ビーチで遊んで疲れたらすぐそばのレストランでご飯でも食べながら休憩できます

ここはビーチから数十mほど沖に向かって泳ぐだけでたくさんの魚を見ることができました!

他にも島の東部にはこんな感じの泳げそうでかつ静かなビーチがいくつかあったのでバイクで島中走り回って探して見ると面白いかもです

バイクを借りて島中散策


そんなに広くない島なので、バイクで半日もあれば大抵の場所は見て回れます

私達は宿でオススメされたこのバイク屋で借りました

見ての通り、フェリー乗り場のすぐ近くなので、スーツケースじゃなくバックパック等動きやすい格好で行く方は、到着と同時にバイクを借りて宿まで行く、或いは宿探しをするのが楽でしょう

島の交通機関は乗り合い、或いはプライベートのタクシーがありますが、そんなに料金は安くないので、最初からバイクを借りた方が良いと思います

料金は1日250〜300Bくらいでパスポートを預ける必要があります

夜はビーチ沿いのバーで夕日とファイアーダンス


観光客の多いサイリービーチ周辺は夜になるとたくさんのバーで賑わいます

ビーチの上にござを引いて待ったりするタイプのものが主流で、ここで夕日を眺めながらお酒を飲んでマッタリする人が多いです

私達は滞在中雲が多くて夕日は見れませんでしたが笑

日が沈むとファイアーダンス等のショーが至る所で開催されています

オススメのレストラン


離島なのでどこでご飯を食べても本土よりは高いですが、美味しい料理を食べられるレストランがたくさんあります

基本的にはランチの時間帯やディナーの時間帯に人がたくさん入っているようなところを選べばそんなに外すことはないと思いますが、一応ここでは2つ紹介しておきます

Yang


フェリー乗り場から少し内陸の方に入ったところにあるタイ料理屋さんです

タオ島は離島なのでどこのレストランも大抵バンコク等の街中と比べたら高いですが、このYangは比較的安価に美味しいタイ料理を食べることができます

白人の観光客が多く、現地在住の外国人のお客さんも多いそうです

私はこんな感じのを食べました

タイ料理が苦手な人でも食べられそうな中華料理に近い感じのメニューもたくさんあるので、そういった人にもオススメです

cafe del sol


フェリー乗り場の近くにあるお洒落なイタリアンレストランです

タイ料理に飽きた!って方は雰囲気のいいレストランでイタリアンでもどうですか?

カルパッチョからパスタからピッツァまでなんでもあります

オススメの宿


Aukotan Place Hotel


一泊800B〜1000B程度(朝食付き)

リーズナブルなリゾートホテルって感じですかね

港からバイクで5分程度のところにありますが、予約時に送迎のリクエストを出しておくと無料で送迎してもらえます

まだ、帰りにフェリーターミナルに行く時も前日までにレセプションで相談すれば港まで車で送ってくれます

見てくださいよ、このタオルの気合いの入り方

Aukotan Placeの詳細はコチラ


以上!

久しぶりのブログ更新はタイの秘境タオ島について書いてみました!

ほとんどのビーチがオフシーズンに入ってしまう夏休みのタイでも場所を選べばこんな綺麗な海で遊べちゃうので夏休みは是非タイのタオ島へ!

それではまた!ポップガンマイ♪( ´θ`)ノ

ps

11月にまたインドに遊び行こうかと思い始めてます


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしこの記事を読んで『面白いな』と思ったり『役に立った!』と思ったら下のバナーのどちらか興味あるカテゴリーをクリックして頂けるとこのブログのランキングが上がって物凄く喜びますので宜しくお願いします★

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です