タイに旅行や留学、ロングステイで来る方が一番最初に気になるのはやはりビザの問題じゃないでしょうか?

今回は滞在日数、目的別に最も無駄が少なく、最適化された方法について説明していきます

タイの会社で働いている方や50歳以上でロングステイビザの要件を満たしている方は既に答えが決まっているので特に悩む必要はないかも知れませんが、そうでない大勢の普通の観光客、ロングステイヤーにとってはビザの問題は無視できません

ここではタイに長期or短期で観光に来る方、またタイでロングステイ、語学留学等を考えている方を対象にどうビザを取るのが一番良いかを考えてみましょう

ノービザ


日本国籍を持っている人はビザなしでタイに入国でき、入国日から30日間の滞在許可をもらうことができます

また、30日以上滞在したい方はタイ国内の入国管理局(イミグレ)で1900B払って手続きすることによって1回に限り30日間の滞在延長が認められます

つまり、滞在日数が60日以内の方はビザを取る必要はありません

2016年の冬にパタヤのイミグレにてノービザ滞在延長

ビザラン


上で述べたように、タイはノービザで入国してから30日間の滞在許可をもらうことができます

これを利用して、陸路で隣国のカンボジア、ミャンマー、マレーシア、ラオスあたりに一度出国をして、すぐにタイに再入国することでもう30日間の滞在許可をもらうことをビザランと言います

つまり、60日の滞在期限が切れそうになったら一度隣国へ出国して戻って来ればさらに30日の滞在が許可されて、イミグレで延長申請をすることによってもう30日、つまり合計で120日間の滞在がノービザで可能ということになります

以前はこれを繰り返すことによって2年、3年とタイ国内に滞在し続けるツワモノもいたのですが、2016年頃からこのビザランを厳しく取り締まる動きが見られ

在タイ日本大使館の方からも

タイ入国管理局は国境を接する国からの査証免除措置を利用しての入国を暦年で2回までとする旨の内務省令を12月1日付け官報に告示しました。(在タイ日本大使館ホームページより)

と言ったお知らせが実際に出ています

この告知では手段について書かれていないので隣国からの入国に関しては陸路に限らず空路も規制の対象になっている可能性があります

今までこういったビザラン禁止の噂というのは幾度どなく回っていたのですが、毎回基準が曖昧で、入国できるかどうかは運次第的なところがありましたが、今回はこのようにはっきりと基準が示されており、実際に今年に入ってからノンカイ(タイーラオス国境)でタイへの入国を拒否された外国人も確認されており、昔のようにノービザで長期間居座ることは難しくなってきています

このルールを文字通り適用するのなら、

  • 日本から空路で入国して60日
  • 隣国に出国して戻って来てさらに60日(隣国からの入国1回目)
  • もう一回隣国に出国して戻ってきてさらに60日(隣国からの入国2回目)

の180日の滞在が可能となりますが、隣国からの2回目の入国をやってしまうと後がないので120日以上を滞在する場合、以下の観光ビザを取得することを考えた方が良いです

観光ビザ


タイ大使館、領事館でタイの観光ビザを取得すると入国日から60日間の滞在が認められ、イミグレで一回だけ30日間の延長が可能です

つまり合計90日間の滞在が可能であり、さらに私自身の経験と、私の周りで取得した人達の経験から2回連続までは安全に取得可能だと言えます(3回連続での観光ビザ取得は却下された知人がいます)

上で述べたノービザでのビザラン規制に引っかかりそうなラインに達した場合、国境でビザラン規制に引っかかってノービザ入国での拒否された場合など観光ビザを取得すれば入国可能ですので頭に入れて起きましょう

タイの観光ビザに関してはラオスのヴィエンチャンでの取得をオススメします

【2018年最新版】ラオスのヴィエンチャンで極力頭を使わずタイのビザを取得する方法【観光ビザ、EDビザ】

2016年12月、ラオスのビエンチャンにあるタイ領事館でビザ受け取り待ち

EDビザ


1年を超えるような長期滞在を予定している方は、ノービザ及び観光ビザだけでクリアするのは非常に厳しい状況です

この場合、役に立つのがEDビザと呼ばれる、いわゆる学生ビザです

英語学校やタイ語学校の講座を受講することによって、学校側がEDビザを発行してくれるのでこの方法であれば最長で3年くらいまでは滞在延長が可能です

長期間タイに住むとなるとタイ語が話せた方が絶対に便利ですので、語学学校に行くのははっきり言ってオススメです

完全にビザ取りのみを目的で来た外国人を相手にしているビザ取り専門校(最近少なくなって来てはいますが、普通にあります)、そこそこちゃんと勉強したい人向けの普通の学校、超絶スパルタにも関わらずEDビザに対応してない学校など、様々な携帯の学校がありますので、目的に合わせて選びましょう

ちなみにビザ取り専門校的な要素が強いところだと、授業数も少なく、出欠もあまりちゃんと取っていないのでほとんど学校に行く必要はありませんが、基本的にはこれはNGの形態なのでいつ規制が入るかわかりません

EDビザの取得についても【2018年最新版】ラオスのヴィエンチャンで極力頭を使わずタイのビザを取得する方法【観光ビザ、EDビザ】の内容をほとんどそのまま適用できますので参考にしてください

ビザの延長について


【2017年】タイのEDビザ、ノービザ、観光ビザの延長方法と注意点【最新版】

を参考にして見てください。

結論


入国拒否をくらう覚悟でギリギリを攻めて話のネタを作りたいという人以外は余裕を持って以下のパターンが最適です

①滞在日数が120日以下

ビザ不要!日本からノービザで空路入国してイミグレで滞在延長して60日→隣国に出国して戻ってきてさらにイミグレで滞在延長して60日の計120日

 

②滞在日数が120日以上300日以下

観光ビザが必要!①の120日を終えた後、隣国のタイ領事館で観光ビザを取得して戻ってきて90日→さらに滞在したい場合はもう一回隣国のタイ領事館で観光ビザを取得して戻ってきて90日の計300日

 

③滞在日数が300日以上

語学学校に通うことによってEDビザを発行してもらう

 

途中で隣国以外の国(例えば日本)に出国した場合のカウントはどうなるんだ?と考えればいくらでも複雑なケースは出て来ますが、基本的には空気を読んであまりギリギリのラインは攻めないようにしましょう

ポップガンマイ!


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしこの記事を読んで『面白いな』と思ったり『役に立った!』と思ったら下のバナーのどちらか興味あるカテゴリーをクリックして頂けるとこのブログのランキングが上がって物凄く喜びますので宜しくお願いします★

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

“【短期観光】タイに滞在!ビザはどうすれば良いの!?【長期滞在】” への2件の返信

  1. いま、カフェでコメント書いています。
    今日は、此方は天気が良く気持ちいいですよ。

    実は、今月からタイのチェンマイで生活しようと思いビザの事を勉強していました。
    そこで、チェンマイちゃんねるの記事を拝見し、これからの滞在方法についてとても参考になりました。
    ありがとうございます。
    チェンマイは、はじめてですが、とても良い所の様ですね。
    これからも、よろしくお願いいたします。

    1. 返信がだいぶ遅れました。もうチェンマイに住んでおられますか?

      数日前からだいぶ寒くなっておりますので体を壊さないようお気をつけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です