バンコクからチェンマイまでバイクで絶賛縦断なうな筆者がバンコク、ロッブリーの次に辿り着いた3つ目の街

ロッブリーから北に250kmほど走ったところにある、カムペーンペッの知られざる魅力について紹介します

カムペーンペッへの行き方


日本人が観光で訪れる人気都市、バンコクとチェンマイの丁度真ん中あたりに位置します

言い換えれば日本人にとっては比較的アクセスしづらい場所にあると言えますが、スコータイから近いので観光でスコータイに寄る方がいましたらスコータイから日帰り、或いは一泊で観光することをオススメします

私は今回ロッブリーからバイクで行ったのでバスは使っていないんですが、一応調べた情報を載せておきます

①バンコクから


北バスターミナル(モーチットマイ)から一日に8本
所要時間:5時間30分から6時間程度
料金:295B

②スコータイから


バス又はソンテウ
所要時間:1時間
料金:70B〜

③ピサヌロークから


バスが早朝から夕方まで13本
所要時間:2時間30分
料金:85B〜

カムペーンペッの見どころ


①遺跡公園


入場料:外国人は100B

街の中心から北に5kmほど行ったところにある遺跡群

規模は大きくないですがスコータイ、アユタヤ王朝時代の遺跡を見ることができます


こんな感じに縦長の遺跡公園になっていて、道も舗装されていて歩きやすいです

②Phra Ruang温泉


こんなところにも温泉がありました笑

街の中心から25km以上あるので、バイクを借りて行くといいでしょう

個室使用料:50B(一部屋につき)

温泉:30B(1人につき)

ちなみに宿泊も可能だそうでエアコン付きの部屋が500Bらしいです

こんな感じの個室になってます

お湯と水の蛇口がにあるので、それで湯加減を調整してから入ります

肌がツルツルするタイプのお湯でした

敷地内にはレストランがあり、ここのカオパットがなかなか美味しいです

昔クアラルンプールに住んでいた時、近くのお気に入りのレストランにあったナシゴレンに似てる味です

③ナイトマーケット


外国人にとってはマイナーな街ですが、それなりに栄えているところなので大きなナイトマーケットがあり、地元客やタイ人観光客で賑わっています

この街のナイトマーケットのご飯はどこで食べても美味しいです

個人的には今まで訪れたタイの街で一番ご飯の美味しい街かも知れません

ピン川に沈む夕日を眺めながらビールも飲めちゃいます

うん素晴らしい

勝手にこの街をタイの美食の街ランキング1位に認定しようかと思います

カムペーンペッのオススメ宿


Three J Guesthouse

350B

クイーンベッド、ファン、専用ホットシャワー、専用トイレ、タオル、水、シャンプー、石鹸付き

洗濯は1つ5B

 

部屋の中の写真は撮り忘れましたが、綺麗でした

場所は説明しづらいので地図で

入り口はこんな感じでわかりやすいかと思います

スタッフも皆親切な人ばかりなので気持ちのいい滞在ができました

宿の近くで食べた朝ごはんが美味しかったです

Three J Guesthouseの詳細はコチラ


スコータイ近郊の穴場カムペーンペッ

決して派手な街ではないですが、美味しいタイ料理を食べて温泉に入ってまったり過ごしたい方にはオススメの街ですので近くに寄る際は是非!

それではまた

ポップガンマイ!(っ´ω`c)

ps

私のバイク、頻繁にエンストするようになってどうやら壊れたっぽいんですが大丈夫ですかね

まだゴール地点のチェンマイまで結構距離ありますけど

てかまだ買って2ヶ月。。。( ;∀;)


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしこの記事を読んで『面白いな』と思ったり『役に立った!』と思ったら下のバナーのどちらか興味あるカテゴリーをクリックして頂けるとこのブログのランキングが上がって物凄く喜びますので宜しくお願いします★

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です