<チェンマイ周辺の温泉シリーズ第3弾>

(重要)今このブログを見ているのが2017年〜2018年上旬でドイサケット温泉に行こうとしている方がいましたら一旦この記事を最後までよく読んでから出発してください(全部読むのが面倒な人は目次がありますので準備編、行き方編は飛ばして良いのでラストの部分だけしっかりと確認をお願いします)でないと激しく後悔する可能性があります

チェンマイ市内から北東方向へ約35km

市内から近く気軽にアクセスできる旅行者にも人気のあるドイサケット温泉で私が味わった絶望について説明します

ていうかそろそろ私のブログ名とカテゴリーを温泉に変えた方が良いですかね笑

それでは早速行きましょう

ドイサケット温泉へ行くための準備


ソンテウ、タクシーをチャーターor uber、grab taxi等を使って車で行く


以前紹介したチェンダオの土管温泉pong kwao村の温泉と比べて比較的近いので車のチャーターして行くことも可能です(それでも渋滞等を考えるとバイクをオススメしますが)

ソンテウの場合その辺で暇してそうなソンテウを捕まえて往復800B前後を目安に交渉すると良いでしょう

ちなみに今uberでMAYAからドイサケットまで検索したら411Bと出てきたので、uberやgrab taxiで温泉まで行って、待ってもらう時間分少し色をつけて復路の分も交渉すると言う手が一応考えられ、往復1000B(行きが400Bで帰りが待ってもらう文含めて600B)程度で済むのならこれが最も快適かと思います

万が一、復路待つのを断られた場合、温泉周辺でuber、grab taxiを使って車を捕獲するのは難しいと思いますので、できれば市内からソンテウかタクシーを復路分も込みで交渉してから行くことをオススメします

 

バイクか車をレンタルして行く


車を持っている方、元々借りる予定の方は車でも問題ありませんが、そうでない方や短期の旅行者は機動力、チェンマイ市内を抜ける際の渋滞(2017年7月現在、スーパーハイウェイを始めとした複数箇所で道路工事を行なっているので昼でも混雑するポイントがいくつかあります)、借りるまでのハードルを考えるとバイクの方が便利かと思いますのでこの記事ではバイク移動を前提に説明します

タイでバイクを運転する際は、国際免許証(日本の普通二輪以上の免許が必要)、タイの免許証、ASEANのいずれかの国の免許証のどれかが必要になります

無免許で運転をしている外国人もたくさんいますが、チェンマイは比較的検問の数が多いのであまりオススメしません

捕まると罰金を払わなくてはいけません

バイクは市内のレンタルバイク屋でだいたい1日100B〜250Bくらいで貸しているところが多いです

旅行者の方なら宿でレンタルしてくれるところも多いのでそちらの方が安心でしょう

多少上り坂等もありますが、大した角度ではないので借りるバイクはなんでも良いです


とりあえず準備はこのくらいで良いです

タオルは?とか料金は?とかそう言った疑問は一旦置いといてください

チェンマイ市内からドイサケット温泉までの行き方


見ての通り行き方は簡単です

ほとんど118号線をひらすらまっすぐ走り続けるだけです

118号線へはMAYA、ニマンヘミン周辺に滞在している人はスーパーハイウェイに乗り、118号線が現れたら左折してください

旧市街に滞在している方はしない北東部の118号線とまっすぐ繋がっている道路に乗り、そのままひたすら直進となります

118号線に乗りましたら

この地点まで一度も曲がらずずっと直進のみです

全行程のほとんどが直進なので迷いようがないでしょう

右折するポイントもこのような看板が立っていて、いかにもという感じなのでわかりやすいです

この看板のところで右折した後は、頻繁に【hot spring】という看板が現れますので、それに従って進めば到着です

このような手順に従って、辿り着いたドイサケット温泉で私が目の当たりにしたものが一体何だったのかをお伝えします

辿り着いたドイサケット温泉で私が見た光景



私の身に何が起こっているのかよくわかりませんでした

何故ならば、ここは現地在住の日本人や観光客にも有名な温泉なので情報もたくさんあります

私はここに来る前、ルートを調べるついでに設備についても知りたかったので最近ここに来たことがある日本人のブログをいくつも確認し、彼らは何の問題もなく温泉を楽しんだ記事をあげていました私がここに来たのが2017年の6月で、私が見たブログは最新のもので2017年4月更新

だからこんな異常自体が目の前で繰り広げられるわけがないんです

近くには地元住民がたくさんいましたが、彼らに温泉について聞くことはできませんでした

何故ならば、私の心は目の前の事実を否定しようとしているけど、私の賢い脳みそは何が起こっているのかをほぼ正確に把握していたからです

彼らに聞いたら、単刀直入に私の心を打ち砕いて来る気がしたんです

でも私の心はまだかろうじて折れてはいませんでした

多分道を間違えたのかな?

と、私のことをチラチラ見る現地人になるべく声をかけられないよう近寄りづらいオーラを発しながら周辺を歩き回って見たところ

怪文書を発見しました

こんなものまで貼ってあったのにも関わらず、私の心はまだ目の前の現実を否定しようとしています

私はまだタイ語の勉強を始めたばかりで、そんなにタイ文字の理解力は高くないんですが、それでもこの中で私がすぐに理解できた箇所が2箇所ありました

まず右上にある英語

spa city and olsen villa

そして真ん中より少し下にある

9 พฤษภาคม 2060 3 พฤษภาคม 2061(พฤษภาคมはタイ語で5月を表す言葉で、2060年は仏暦で西暦2017年を意味します)

温泉があるべき場所があれ地になっていてこの張り紙が貼ってあったんです

それでも私はまだ希望を持っていたので念のため、私の心を壊さないように優しく回答してくれそうなタイ人の友達に確認をとりました

………………………………

もう何も言うことはありませんでした

悲しい思いをしながらチェンマイ市内に帰ったところ

私に優しく死刑宣告をしてくれたこの子が

『今MAYAにいるから暇だったらおいでよ!』

とかまってくれたおかげでこの日はなんとか楽しい時間を過ごすことができました

感謝してます

まとめ


2017年5月から2018年5月までドイサケット温泉は工事中です

なので、この期間中ドイサケット温泉には行かないでください

私と同じような悲しい思いをもう誰にも味あわせたくないです

また、2018年以降新たに出来上がる施設に関しては、以前のドイサケット温泉とは違ったシステムになる可能性がある、と言うかそうなる可能性が高いと思いますので、今この記事を読んでいるのが2018年5月以降の場合は、上記の内容を踏まえた上で最新の情報を得てから行ってください

来年の5月以降私がチェンマイに住んでいるかどうかはまだ未定ですが、もし住んでいたらまた新たに調査に行こうと思います

それでは!

ポップガンマイ!( ´・ω・`)


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしこの記事を読んで『面白いな』と思ったり『役に立った!』と思ったら下のバナーのどちらか興味あるカテゴリーをクリックして頂けるとこのブログのランキングが上がって物凄く喜びますので宜しくお願いします★

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

“【最悪の事態発生】チェンマイのドイサケット温泉で絶望的な光景を目の当たりにした話【注意喚起】” への2件の返信

  1. 9月12日。実は私も工事中とは知らずお風呂に入れると心躍らせチェンマイからバイクを飛ばしていきました。看板もあり現地に着いたのに入浴施設もなく、あれ?間違ったかな?ブログでは一軒家にお風呂が付いていて、、、、、、、?それを見てきたのに?柵がしてあり脇には、ため池みたいなところから湯気が出ていたけど、足湯みたいに入る感じでもないし、入り口の建物は工事中で、仕方がないのでまた40分かけてもどりましたよ。
    早くにこの記事を見つけていれば行かなかったのに、残念です。

    1. コメントありがとうございます

      それは残念でしたね

      私も2017年の最新情報を見てから行ったのでとても残念でしたよほんと笑

      チェンマイ周辺には腐るほど温泉があるので是非いろんなところを試してみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です