あけましておめでとうございます(ぇ)

今回はタイに住んでいるとよく聞かれる、ロイクラトン、コムローイ、イーペン祭を事前準備なし、チケット無しで楽しむ方法についてまとめてみました!

ていうかまたまた本当にお久しぶりです

チェンマイに住んでからちょうど1年が経ちました

今年もタイに住み続けるかはまだ確定していないんですが、引き続きタイやその他海外に関する情報をマイペースに更新していこうかと思います

ではいきましょう!

Q1.ロイクラトン、コムローイ、イーペン祭りって何?


タイでは毎年10月〜11月の満月の夜(年によって開催日が異なる)にクラトンと呼ばれる灯篭を川に流すロイクラトンと呼ばれる祭りが全国で開催されます

このロイクラトン祭りで最も有名なの場所がタイの古都チェンマイで、チェンマイではこの祭りのことをイーペン祭と呼んでいます

この祭りと同時期にコムローイと呼ばれるランタンを一斉に空に打ち上げるイベントも行われ、これがラプンツェルのモデルになったとして近年日本で急激に知名度が上がり人気が高まっています

このコムローイを飛ばすイベントは法律で禁止されている地域もありますので、タイ全土どこでも飛ばせるわけではありません(まぁ禁止されてる地域でも飛ばしてるやつはいますが

チェンマイ周辺ではこの時期に2日間、夜の時間帯だけ合法的にランタンを飛ばして良いことになっています

Q2.どうやって祭りに参加すれば良いの?チケットを買う必要があるの?現地人向けの安い会場って?


最もよく聞かれる質問です

単刀直入に回答しますがコムローイを飛ばすのにチケット、参加費はは必要ありません

事前に必要な準備は宿の予約くらいです!

多くの人が【①コムローイ祭りというのはチェンマイのどこかの大学の敷地内だけで飛ばせるもので、②この会場に入るチケットは物凄く高いけど、③現地人が参加する安い穴場の会場が存在する】と勘違いをしているのですがこれに対するアンサーとしては

①祭りの開催期間中コムローイはチェンマイ街中至る所で飛ばされています


なのでとりあえず一旦祭りに参加するという概念を捨ててください

基本的にはその辺で売ってるコムローイを自分で買って自分で飛ばすスタイルのお祭りです

入場料金も参加費用も必要ありません

②外国人向けに用意された会場というものは実際に存在します


一番有名なのはメージョー大学という場所で開催されるもので、他にもドイサケットやメーリムの方にも会場が設定されています

これに関しては参加費用がかかります

日本に住んでいる方が正規料金で自力で入手するのは不可能かと思われますので、日本の旅行代理店か現地の旅行代理店でツアーを申し込むことになりますが

チケットは非常に高額(4000B〜)でさらに人気があるためなかなか取れません

開催間近になると、別れたカップルかなんかがインターネットの掲示板で7000Bやら8000Bで売りに出してるのを見かけますが

はっきり言ってランタン飛ばすのに20000円以上払うのはry

一応この記事のトップ画像は外国人専用会場で一斉に打ち上げられるコムローイの様子です

街中や川沿いと違って、会場では「せーの!」でみんなタイミングを合わせて一斉に飛ばすのでこの瞬間に舞うランタンの数は凄いみたいですが街中でも十分に夜空に舞う多数のランタンを見ることができます

③現地人専用の会場は(多分)ありません


コムローイ祭りが開催される1ヶ月くらい前から多分合計で50人以上のタイ人に「タイ人専用の会場があるのか?」と聞きましたが、全員、一人の例外もなく「ない、みんなその辺の川沿いで飛ばす」と答えてきました

0/50です

本当は現地人も知らないような知る人ぞ知る超マニアックスポットがあるのかもしれませんが、これは伝説のポケモンを探すより難しく面倒くさい作業だと思うので時間がもったいないのでやめましょう(まだポケモンGOって流行ってるんですかね)

Q3.コムローイ祭りを楽しむベストスポットは?


上にも書きましたが、基本的にこの祭りは川沿いに人が集まります

よって川沿いがベストスポットです

具体的にはこの赤で記した橋です

このナラワット橋が旧市街やニマンヘミンに滞在している人にとって最もアクセスしやすく最もランタンを飛ばしている人が多いポイントです

ここで灯篭も一緒に流せます

赤線で引いた川岸も橋の向こう側に飛ぶたくさんのコムローイを眺めるには良いスポットです

外国人、現地人入り混じってとんでもない人数がランタンを飛ばしています

またロイクラトンの期間中はお寺でも様々な行事が行われていて僧侶の方々がコムローイを飛ばしていました

一応動画も載せておきます

上の地図で記した川沿いを歩けばだいたいどこからでもこんな感じの景色を見ることができますし、周りにいっぱい屋台も出ているので食べ物、飲み物にも困りません

Q4.コムローイ(ランタン)とクラトン(灯篭)はどこで手に入れればいいの?


川沿いに行けばその辺に売ってます

細かい値段は忘れましたが1日目の夕方あたりだと40Bくらいから売ってます

2日目のもうすぐ祭りが終わる的なタイミングですと20Bくらいで叩き売りしてる人もいたような気がするので飛ばしたりない人はここで買って飛ばしましょう

ロイクラトン・コムローイ・イーペン祭りを楽しむ上での注意点


何か特別な用意が必要なわけではないですが、一応注意点をいくつかまとめておきます

ホテル、ゲストハウスは早めに予約を!


祭り開催期間中は世界中からたくさんの旅行客がチェンマイを訪れますので、条件の良いホテルやゲストハウスは満室になります

もちろん価格も普段より高いですが、なるべく早めに宿を抑えることをオススメします

川沿いまで徒歩での移動を考えている方は川沿い、或いは旧市街の東側に宿を取ると良いかと思います

当日の川付近はとっても混雑します!


これは実際そんなに大したことないかもです

夏にお台場の花火大会に参加したことある人であれば「こんなもん?」と思う程度の混雑具合ですが、いずれにせよ混みますのでニマンヘミンや旧市街からタクシー、ソンテウでのアクセスはほぼ不可能だと思ってください

いや、やってる人いましたけど尋常ではない時間がかかると思うので旧市街に滞在している人は歩いた方がまだマシです

旧市街東部に止まっている人であれば十分徒歩でアクセス可能でしょう

オススメの方法としては事前にバイクか自転車をレンタルすることです

私はバイクで行って川沿いの駐輪所に止めてランタン飛ばし終わった後問題なく脱出することができました(混んでて少し時間はかかりましたが)

コムローイを飛ばすのは意外に難しいです!


いや、私が一度失敗してるからこう言ってるだけですがw失敗してる人を周りでちらほら見かけます

コムローイを飛ばす前に周囲をよく観察して飛ばし方のコツを掴んでからやりましょう

(おまけ)大晦日の夜もコムローイ祭りが開催されています(法律でオーケーなんですかね?)


知らない人が多いですが、チェンマイでは大晦日の夜もターペー門付近で大勢の人がコムローイを飛ばしてます

実はこれ、有名な話なのかと思ってたらチェンマイ在住のタイ人でも知らない人がいました笑

タイ人って意外に地元のこと何にも知らない人が多いです

場所はココ

ターペー門です

最も打ち上がるコムローイの数が多いのはカウントダウンの瞬間です

コムローイ祭りの時と違ってカウントダウンの瞬間に「せーの!」で打ち上げるのでこの瞬間に打ち上がる数はなかなかのものですよ!

なので10月から11月の祭りを逃してしまった人は大晦日にリベンジしてみては?

参考までにこれは2017→2018の年越しの瞬間です


以上、コムローイ祭りをチケットの購入等面倒な準備を一切せず楽しむ方法でした!

「チケットを買わずに見る」っていうと、なんか凄いマニアックな方法だとか、ちょっと後ろめたい方法なんじゃないかと心配する人もいるかもしれませんが、実際に現地に来てみればわかります

どう見てもチケットを買わずに楽しんでいる人が多数派ですので、なんの心配もせず宿の予約だけ取って身一つでチェンマイに乗り込んでくれば問題なくこのイベントを楽しむことができます!

2018年の予定に関してはまだ詳細は決まっていないと思いますが、一部では11月23日前後だという噂が流れていますので、今年こそは是非!夜空に舞う幻想的なコムローイを見にチェンマイへ!

それではまた!ポップガンマイ( ^ω^ )


ps

最近仮想通貨にハマってます

XEM,XRP,ADA,TRX,BTC,SPRTS等持ってますが、今後はもっと時価総額の低い吹けば飛ぶような草コインや詐欺の噂が絶えないけど上場したらワンチャンあるんじゃないかって言うような微妙なコイン中心に勝負に出ようかなと思います

何かオススメがあれば是非教えてください


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしこの記事を読んで『面白いな』と思ったり『役に立った!』と思ったら下のバナーのどちらか興味あるカテゴリーをクリックして頂けるとこのブログのランキングが上がって物凄く喜びますので宜しくお願いします★

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です