ついこの間まで南国リゾートの話題を扱っていたのにあれですがw以前オーロラを観測しに行った世界最北の街ロングイェールビーンについて突如記事を書きたくなりました

そのまま読むとlong year byenということで長年鼻炎に苦しんでいる人が多そうな名前の街ですが(ェ)、普段我々が暮らしている場所とは桁違いに環境が違うこの街の魅力やオススメのホテル、オーロラ情報等についてまとめましたので北欧方面へオーロラ観測旅行を計画している方は是非参考にしてください!

世界最北の街ロングイエールビーン(Longyearbyen)


12月昼間のロングイェールビーン中心部

基本情報


北緯78度13分、東経15度33分、北極点からわずか1000km

ノルウェー領スバーバル諸島スピッツベルゲン島にある世界で最も北にある街

この地図を見てもらえればわかると思いますがブッチギリで北にあります

ロングイェールビーンに住んでいる人達からしたらオーロラで有名なトロムソ、キルナ、サーリセルカ、イエローナイフ、フェアバンクスなんかは南国ビーチリゾートに感じることでしょう

4月20日から8月23日が白夜、10月26日から2月15日が極夜といった感じで、一年の大半は太陽が全く沈まないか、全く昇って来ないという桁違いに非日常的な環境を味わうことができます

北極線付近を飛行中に見た、昼の世界と一日中夜の世界の境界線

北極圏に出かけたことがある方ならわかると思いますが、例えば北欧のトロムソなんかはオーロラ観測で有名な北極圏の街の中でもかなり北の方にある街なんですが、昼頃になると少ーしだけ明るくなったりするんですね

さらにアイスランドやカナダのイエローナイフあたりまで南下すると真冬でも昼間は結構明るくなります

これと比べてロングイェールビーンは桁違いに北に位置するため12月や1月あたりは正午でも全く明るくなりません

1日中完全に真っ暗です

上の写真もそうですが、これは12月の正午あたりに撮った写真です

1日中暗いので晴れてさえいれば1日中オーロラを見るチャンスがあります

事実飛行機でオスロから向かった時、昼にも関わらず機内からオーロラが見えました

人口よりもホッキョクグマの数の方が多い島なので、街から出る際には銃の携帯が義務付けられていますが、夏はともかく冬に街の外に一人で行くのはホッキョクグマ云々関係なく自殺行為なのであまり気にしなくて大丈夫です笑

ホッキョクグマは見れませんでしたが、街の外にオーロラを見に行った際にトナカイをたくさん見かけました!

こんなド辺境の北極にある街にも関わらず、さすが先進国ノルウェーの領地だけあって、生活に必要なインフラは全て高水準で揃ってますので旅行するにあたって問題は全くありません

ただし、世界最高レベルの旅人泣かせの物価の高さを誇るノルウェーですが、この島はそんなノルウェー本土と比べても

非常に物価が高いです

ロングイェールビーンへの行き方


ノルウェーのオスロや、トロムソから直行便が出ているので基本的にはこれらの都市から飛行機で行くことになります

オスロから約3時間、トロムソから約1時間30分

(ノルウェー本土側ではパスポートコントロールありますが)実質国内線扱いです

チケットは直接スカンジナビア航空、ノルウェーエアシャトルのホームページから検索して購入するのが良いでしょう

1万円程度からちょっと高くて3万円程度と物価の高いノルウェーの割には良心的です

ロングイエールビーン空港の出発到着情報を見てもらえればわかると思いますが、選択肢はほとんどありません

直行便が出ている曜日はオスロからもトロムソからも限られています

参考までに2018年11月現在のオスロ、トロムソーロングイェールビーン間の直行便の就航状況をしたにまとめておきます

オスロから(へ)の便 月、金 往復とも1日1便
トロムソから(へ)の便 月、火、木、金、日 往復とも1日1便

現時点で直行便はこのような状況になっておりますが、復路のロングイェールビーンからの便に関しては経由便を使うことによって少し選択の幅は増えます

例えば木曜日にロングイェールビーンからオスロまでの直行便は出ていませんがトロムソへの直行便が出ておりますので、トロムソ経由でオスロに行くと行った旅程は組めます(オスロートロムソ間は結構な数の便が出ております)

ただし往路のロングイェールビーンに向かう便に関してはオスロ、トロムソ両都市とも朝発の便になるので、乗り継ぎ便の選択肢はあまりないかもしれません

オーロラ観測


ロングイェールビーンはオーロラ観測でも有名な街です

これだけ北にある街なので当たり前かと思うかもしれませんが、実はオーロラっていうのは北に行けば良いってもんではなくて、オーロラベルトと呼ばれているだいたい緯度65度から70度程度の位置が観測に適していると言われています

ロングイェールビーンは北緯78度ですからこのオーロラベルトから北に大きく外れてはいるんです

問題なくオーロラは見れます

というか北欧の大陸部と比べて晴天の確率が比較的高く、オーロラ観測には適していると言えるでしょう

以下実際に私が撮影したオーロラです(オーロラの撮影は初めてだったので慣れてなくていい絵が撮れませんでした…)

最初こんな感じで細くて弱々しいオーロラが現れたんですがすぐにデカくなりました

段々こんな感じで拡散?していきます

この日のツアーはカメラを持ってたのが私だけで他はヨーロピアンのおばさん客が多く

「いい写真撮れた?」

と後ろからたくさん話しかけられました笑

初めてのオーロラ撮影は準備と心構えができてませんでしたね

暗闇と寒さの中でカメラの設定をいじるのがあんなに大変だとは思いませんでした(´□`)

オーロラを見る方法


①自力で暗いところに行く


オーロラが強く出ているときなら街中から普通に見れます

私もツアーに出発する前、ホテルの前で迎えに来るのを待ってたとこ、現地の人に挨拶をされたんで

「今からオーロラ見に行くんですけど本当に見れますかねー?」

と聞いたところ上を指差しながら

そこに出てるぞ?

気づかなかっただけでホテルの玄関から上みたらオーロラ出てた笑

街中は明かりがあるのでかなり強く出てないと見えないんですが

ちょっと外れの方に行くと真っ暗な場所があるので元気があるなら歩いて見に行くことも十分可能です

ただし自力で暗いところへ行く場合は防寒対策を完璧に整え、決して無理をせず、街の中からは出ないのはもちろんのこと、遭難しないようにしましょう

②ツアーに参加する


オーロラを見に行くツアーはいくつかありますが、最もリーズナブルで気軽に参加できるのはスノーキャットと呼ばれている雪上車で街の外にオーロラを見に行くツアーでしょう

私が乗ったのはコレです

街中のホテルならどこでも予約ができ2018年11月の段階では

 NOK695.00(約9400円)

となっているようです

私が行った時より高くなっている気がするので、このブログを見て行く方がいたら、2019年はさらに高くなっている可能性があります

移動時間が短く、街のすぐ外に出ればオーロラが観測できるので一番お手軽です

私はこのツアーに参加している途中にトナカイをたくさん見ました(●´^`●)

その他にもトレッキングやスノーモービル等のツアーも開催されており、街から離れたり暗いところへ行くツアー全てでオーロラを観測できる可能性が高いです

豆知識


スヴァールバル世界種子貯蔵庫


私は見に行けなかったんですが、この街には種子の貯蔵庫があります

ウィキペディアによるとビルゲイツ主導で作られたこの貯蔵庫の正式名称は「あらゆる危機に耐えうるように設計された終末の日に備える北極種子貯蔵庫」だそうです

最大300万種の種子を貯蔵することができ、万一冷却装置が故障した場合にも永久凍土層によってマイナス4℃を維持できる環境に置かれており、さらに地球温暖化によって海面が上昇しても影響を受けない場所に建てられています

自然災害、病気、核戦争等によって農作物種が絶滅するのを防ぐ役割があるみたいですが、使われる日が来ないことを祈ります(´□`)

スヴァールバル条約


条約加盟国の国民はビザなしでこの島を訪れることができ、自由に商売をすることができます

日本は加盟国です

実際に島で働いている日本人を3名ほど見かけました

なぜかタイ人が多かったのが謎です笑

死ぬことが違法


この島では人が死ぬことは違法となっています

寒すぎて遺体が腐って分解されないため遺体の中で生き続けるウイルスが何かのきっかけでパンデミックを引き起こしかねないというのが理由です

死期が近い人はオスロ等へ住む場所を移すみたいですね

世界最北の寿司屋Sushi KITA


寿司屋だけに限らないんですが、この島には世界最北のスーパー、学校、映画館、ATM、タイ料理屋、定期便のある空港等いろいろあり…というか大抵目に移るものは世界最北です

例えばこちらは世界最北のスーパーマーケット

結構品揃えは良いです

そして世界最北のATM

そんな世界最北だらけのこの街で日本人の板前が握り、日本人のスタッフが働いている寿司屋を発見しました!

これが世界最北の寿司屋で食べられるお寿司です

私は滞在中2回もここを訪れてしまい2回目はサーモン丼を食べましたよ!

北極の地で日本の味に出会えるとは思わなかったのでびっくりしましたね

ロングイェールビーンでオススメのホテルCoal Miners’ Cabins


こんな人にオススメ!

できるだけリーズナブルなところが良い

キッチン付きのホテルに泊まりたい

街の外れの方にあるホテルです一番安いのはこんな感じのツインのお部屋です

中心部まではそんなに距離はないんですが、冬だと歩きづらいですから徒歩で10分程度はかかりますが、その代わり世界屈指の物価を誇るこの街ではかなりリーズナブルなホテルです

また、街の中心から少し離れているため、光の少ないところを探しやすく少し歩けばオーロラを見れるチャンスがあります

wifiはレストランの方では繋がったんですが、レストランが閉まっている時間帯は繋がりませんでしたね(ひょっとしたらこの事情は変わってるかもしれません)

こんな感じのキッチンがついていたので、スーパーで買った食材を自分で料理することもできます

ノルウェーはキャビア(魚卵)が有名でして、スーパーに行けばこんな感じのが瓶で結構安く売ってます

まぁチョウザメの卵に限らず魚卵全般をキャビア扱いしてるんですけどね…

朝食は併設のレストランで食べるんですが、ここでランチやディナーを食べたりお酒を飲んだりすることもできます(というか飲んでばっかでした)

肉料理が美味しかったですね

総合的に見て節約したいけど最低限の設備はほしいって人にはかなりオススメできるホテルなので興味があったら是非参考にしてください

Coal Miners’ Cabinsの詳細はコチラ

ロングイェールビーンを訪れる際の注意事項


(特に冬は)必ずホテルを事前に予約してください


たまに旅人を気取って宿は一件一件歩いて探す等と時代遅れなことを言っている日本人を見かけます

気持ちはわからなくもないですが、そういう旅人ごっこは温暖でイージーな東南アジア諸国だけにしておくことをオススメします

真冬のロングイェールビーンは最高気温がマイナス10℃を下回るのが普通で、天気が良ければ(基本的に晴れてる方が気温は下がります)マイナス30℃以下になることも珍しくないというかこれが普通です

そして辺りは真っ暗です

あんまり無茶すると死にますよ?笑

ほぼ全ての旅行客がホテルを事前に予約し、空港からのシャトルバスは予約しているホテルを告げて連れて行ってもらうシステムになってますので必ず事前にホテルを予約しましょう

服装について


北欧方面は緯度の割に寒くないと言われていますがすぐ上に書いた通り

当然寒いです

アラスカやロシア、カナダと比べるとこれでも平均気温は高い方ですが東京の冬服では太刀打ちできないし、あまり舐めた服装でウロウロしてると思わぬ怪我、凍傷を負う可能性があります

北極専用に服を用意する必要はありませんが、安物でも良いのでスキーウェア、手袋、帽子、ある程度寒さに強そうな靴を用意しましょう

これで大抵の場面はなんとかなるし、ほとんどの観光客がスキーウェアを着てます

ちなみに私がオーロラを観測した時は−30度以下まで下がりましたが、普通に冷気がスキーウェアを貫通してました笑

クレジットカードは必須です


ノルウェー本土もそうですが、特にロングイェールビーンはクレジットカードが使えない場所は1つもありません

ちょっとした売店での買い物、ちょい飲み、軽食、バスのチケット等、何でもクレジットカードで支払うのが当たり前です

旅行中現金を使う機会はありません

というか現金で支払うと逆に迷惑なんじゃないかってレベルでクレジットカードでの支払いを要求されると思うので最低2枚(JCBの通用率は低いのでVISAかMasterCard)は持っていきましょう


以上!桁外れの非日常感を味わえる世界最北の街、ロングイェールビーンでした!

オーロラが見れることはもちろん、極夜、白夜と言った普段味わえない現象を体験できる秘境

ありきたりな海外旅行に飽きたら是非次の旅行先に検討してみてください!

それではまた!ポップガンマイ( *`ω´)プイッ

ps

写真に入れるウォーターマークのデザインを変えました


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしこの記事を読んで『面白いな』と思ったり『役に立った!』と思ったら下のバナーのどちらか興味あるカテゴリーをクリックして頂けるとこのブログのランキングが上がって物凄く喜びますので宜しくお願いします★

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です